第33話 「止められない恋心」

*二度目の恋 君に逢いたくて…第33話



沙織が部屋から出て行って数時間、鈴之介はいまだ立ち上がれないでいた。
20110928140752.jpg
頭がボ~っとし、腰も抜けたように力が入らない。
まるで、沙織に身も心もすべて持って行かれてしまったかのようだ。



いったい彼女は僕にどうして欲しいのだろうか。
それよりも、僕を何だと思っているのだろうか。さすがの鈴之介も心が萎える。
20110928140815.jpg
あんな事をされたら僕だって男だ。
鼻血もわんさか出るし、頭もボ~っとするのも無理はないではないか。



そんな事をブツブツと言っているうち、鈴之介はなんだか腹が立ってきた。
沙織にではない、自分にだ。
20110928140836.jpg
ゴルゴには気になる人がいるらしい。
それでもゴルゴが好きだと、泣き叫ぶ彼女を見ても諦め切れない自分に腹が立つ。



もうやめたい。彼女を心の中から閉め出したい。
そうすればこんなに苦しくなくなる。
20110928140857.jpg
だったら今すぐ閉め出せばいい。今すぐに彼女を閉め出して楽になろう。
なんて…そんなに簡単に行くはずが無い事は彼自身が一番よく分かっていた。



しかし、それでもやらなければ。それにはどうすればいい?
そうだ…恋を忘れるには新しい恋が一番…。
20110928140929.jpg
そんな事をどこかで聞いた事がある。
けど、どこで新しい恋をすればいいのか、まったく検討もつかない。



でも待てよ…まずは出会いが肝心ではないだろうか。
女性と出会い…交流を持つ。それが先決だ。
20110928141019.jpg
それにはどうすれば…?
そう言えば…いつかゴルゴさんがどこかで女性と出会って…



ガバ!
(そうだ!あの時彼は、女性と出会っていかがわしい所へ行ったと言っていた。
どこで出会ったのだろう?公園?それとも図書館?)
20110928141042.jpg
(いや、そうじゃない…もっと暗い場所のような気がする…。
そうか、クラブだ!夜の街に繰り出し、クラブに行けば僕にも出会いがあるかも?)



鈴之介は考えれば考えるほど、とってもバッチグーな事のように思えた。
これで何もかもが解決する。
20110928141216.jpg
ゴルゴに気になる女性がいるとしても、彼は必ず、沙織に振り向く。
あの愛らしい彼女に振り向かない男なんて、この世にいるわけがない!



なら自分も新たな恋をし、彼女はゴルゴと…そう…それが一番いいじゃないか。
そう、今の状況から抜け出すにはこれしかないし、鼻血を止めるのもこれしかない!
20110928141255.jpg
(よーし…僕もやるぞ!二人に負けてたまるもんか!週末はクラブへ繰り出すぞ!)
と、鈴之介は心に誓い、いつになく男らしい顔面でキリリと姿勢を正した。



― 数日後 ―



一方、沙織から告白されてから数日、ゴルゴはずっと真剣に悩んでいた。
もちろん、彼女に告白されて多少なりとも浮かれなかったと言ったら嘘になる。
20110927092804.jpg
彼だって男だ。女性から好きだと言われたら嬉しくもなるしニヤけたくもなる。
だが、やはりいくら考えても答えは変わらなかった。



彼女は可愛いとは思うが、どうしてもローリーの乳には負けてしまう。
とすれば答えは一つだ。
20110927092849.jpg
彼女にはちゃんと断らなくてはならない。
しかし…自分にこんな事がくるなんて。



自慢じゃないが女の子から告白されて断った事は一度もない。
それはどうかと思うし、本当に自慢じゃないが(笑)
20110927152356.jpg
けれどどうやって断ったらいい?電話一つで断るわけにもいくまい。
ここはやはり、面と向かって断るしかないだろう。



ゴルゴは電話で沙織を呼び出し、男らしく、誠実に、やんわりと、爽やかに、
そしてなるべく傷つかないように断る作戦を実行しようとしていた。
20110927152449.jpg
20110927152509.jpg
「ゴルゴさん!」



「お待たせしてごめんなさい…用意に手間取ってしまって…」
「いや、そんなに待ってないよ。こっちこそ呼び出してごめん…」
20110927152702.jpg
「いえ…。あの…私にお話があると言う事ですが…どんな…」
「うん…」



沙織はゴルゴに聞くまでもなく、どうして呼び出されたかぐらいは本当は察していた。
彼が自分を呼び出すと言う理由は一つしかない。
20110927152738.jpg
この間の返事にNOと言われるのかYESと言われるのか、そのどちらかだ。
けれどまだ心の準備が出来ていなかった。



「あのさ…この間の事なんだけどさ…」
「はい…」
20110927152900.jpg
「ごめん…君の気持ちは嬉しかったけど……けど俺は…俺は君の気持ちは受け取れない…」



「でも本当に嬉しかった…。って言うか驚いたって言うか…」
「ローリーさんが気になるからですか?」
20110927153152.jpg
「それも…ある…」
「そうですか…」


「けど…」
20110927153445.jpg
「まだ恋人ではないですよね?」


「え?」
「恋人ではないですよね?」
20110927153333.jpg
「も…もちろん、まだ全然…全然…」



「なら私、平気です」
「は?」
20110927153536.jpg
「全然平気です、私」
「平気って…何が…?」



「私、あなたが振り向いて下さるのをずっと待ってますので」
「待つって言われても…」
20110927154020.jpg
「彼女と恋人同士ではないのなら私にもチャンスがあるって事です。
なので私はまだ諦めません」



「それとも今すぐにローリーさんに気持ちを打ち明けて恋人同士になるんですか?」
「いや…今すぐって訳じゃ…」
20110927154232.jpg
「どうして今すぐではないのですか?
それに、ローリーさんの気持ちだってあなたにあるかどうか分かりませんよね?」
「そりゃーそうだけど…」



「あなたも今すぐに気持ちを彼女に言えないと言うことは、
それはまだゴルゴさんが彼女の事を好きかどうか分からないからなのでは?」
20110927154333.jpg
「言うならば、まだ恋の途中と言う事です。確定ではありません」
「途中か…うまい事いうね…」
と、なんだか変な所に関心しているゴルゴ。



「そう、途中です。ゴルゴさん自身、まだ分からないとおっしゃっていましたし、
そう言う事ではないのですか?」
「それは…」
20110927154445.jpg
「それとも、今すぐローリーさんの元へ駆け寄り、愛してる愛してる愛してる!
と、所構わず大声で連発できますか?」
「所構わず…連発…ですか…?」



「どうですか?!」
「所構わずはちょっと無理…」
20110927154516.jpg
と、めちゃくちゃ強くなった沙織に押されっぱなしのゴルゴ(笑)



「私はなにも今すぐに私とお付き合いして下さいって言ってる訳ではないんです。
もう少し私を見て触って味わって下さいませんか?」
「はい?」
20110927154640.jpg
「ですから見て触って味わうんです」
「見て…触って…味…わう…?」



「ええ、そうです!
私を試食すると言う事です!その上で断られるのでしたら私もキッパリ諦めます」
20110927154729.jpg
20110927154759.jpg
ボソ…この娘…言ってる意味…分かってるんだろうか…」



「分かりましたか?」
「え?」
20110927154844.jpg
「分かりましたね?」
「え…あ…はい…じゃなくて…いや…」



「では今週末にでもお食事に行きましょう」
「だからそれは…」
20110927154920.jpg
「お食事だけです。それとも私とお食事するのも嫌なんですか?
お喋りするのも顔を見るのも同じ空気を吸うのも嫌なんですか!?」
「そんな事は…」



「ならお付き合いして下さい。楽しみにしていますので」
20110927155021.jpg
20110927154956.jpg
「では週末に、ごきげんよう」
「ご…ごきげんよう…」




スタスタスタ
20110927155137.jpg
20110927155034.jpg
「って…そうじゃねーし…。って言うか俺…何しに来たんだっけ?」



沙織は支離滅裂な事を言っているのは十分に分かっていた。
20110927155210.jpg
だけどゴルゴにも言った通り、私をもっと見て欲しい。
それから答えを出してもいいではないか…。



彼女は初めての恋に必死だった。
ゴルゴにあんな事を言っても本当はギリギリのいっぱいいっぱいなのだ。
20110927155507.jpg
きっとこの恋は報われないだろう…。
それでも、初めて感じた胸の高鳴りを、このトキメキを、忘れる事など出来ない…



「うっ…」
20110927155550.jpg
彼をすぐにでも虜にさせる魔法があったらいいのに…。
彼をすぐにでも振り向かせる事の出来る恋薬があったらいいのに…。



「そうしたら……そうしたら……」
20110927155609.jpg
沙織はそんな事を考えなら鼻をズルっとすすり、しょっぱい涙に顔をしかめた。



一方、このみとの結婚を急いだ亮。
20110927155729.jpg
もう麗華に振り回されるのはうんざりだ。
あんな狂気じみた話なんて、考えるのもバカバカしい。



だが、麗華の本質を一番よく分かっているのも事実だった。
きっとあの話は本当だろう。麗華はやると言ったらやる、そんな女だ。
20110927155847.jpg
けれど自分が結婚してしまえば済む事じゃないのか?
そうなれば麗華も諦めるし監督も目が覚めるだろう。



しかし問題はルビーだ。
早くドナーの順番が回ってくれればいいのだが…
20110927155922.jpg
移植まではどれぐらい時間がかかるだろう。
それまで体力が持つだろうか…。



もし…間に合わなかったら…?
もし…間に合わなくてルビーが…
20110927160030.jpg
まさか…そんな事にはならない…。
そんな事には絶対にならない…!



カチャ
20110927160120.jpg
「ういーっス…お邪魔するよ~ん…」



ドサッ
「あーまいった…」
「ゴルゴ…なんだよ、いきなり…」
20110927160238.jpg
「亮…俺…どうしよう…」
「何が?」



「マジでまいっちゃってんのよ…」
「だから何がだよ?」
20110927160143.jpg
「こう…なんて言うの?俺の魅力が女を狂わせるって言うの?
俺の罪な魅力が女を惑わせるって言うの?」
「何言ってんだよ…」



「俺さ…沙織ちゃんに告られちゃった…」
「は?」
20110927160732.jpg
「だから沙織ちゃんが俺にホの字なの!」
「沙織ちゃんって……鈴之介の?」



「そう…鈴之介の沙織ちゃん…。俺にメロメロらしくてさ…」
「いやいや、何かの間違いでしょ?」
20110927161032.jpg
「間違いじゃないって!」
「いやいやいや…」



「だから間違いじゃないの!
彼女がさ、俺が好きで好きでどうしようもなくて飯も食えないんだって」
20110927160704.jpg
「んで夢にも毎晩出て来て夜も眠れないからいっその事、好きにしてくれって言いにきたもん」
と、大袈裟なゴルゴ。



「いやいやいやいや…絶対に何かの間違いでしょ?」
「ほんとなの!何気に失礼な奴だな!」
20110927161225.jpg
「嘘くせー…」
「嘘じゃねーし」←ちょっと嘘。



「ふ~ん…。で、どうすんの?」
「もちろん断ったさ…。だけど…ゴニョ…何故か又会って飯食う事になったって言うか…
沙織ちゃんが大きくなっておっかなくなったと言うか…」
20110927161417.jpg
「いいんじゃね?だってお前は今は誰も惚れた女もいねーんだろ?
ローリーとかローリーとかローリーとかも好きじゃねんだよな?」
「お前…なんでそう言う意地悪言うの?」



「意地悪?本当の事だろ?
この間そう言ってたじゃねーか。あ、それとも何?もしや気づいちゃったとか?」
「何がだよ…」
20110927161336.jpg
「例えば、ローリーが好きで好きでどうしようもなくて飯も食えなくて
夢にも毎晩出て来て夜も眠れないからいっその事、好きにしてくれって感じ?」



ガバッ!
「め、飯は食える…」
「夢はほんと?」
20110927161529.jpg
ゴニョ…ほんと…」
「ふーん…」と、ニヤリ



「だったらちゃんと断れよ。気を持たせる真似なんかしねーで」
「だから断ろうと思って呼び出したんだけど…」
20110927161606.jpg
「四の五の言わずにきっぱりと断れ。んでローリーにちゃんと言え」
「それは無理…」



「なんで?」
20110928090722.jpg
「カンベンしろよ~何て言うんだよ!あのローリーだぜ?夢にも毎晩出て来て、
特に乳が大、大、大活躍で、だからすぐにでも一発やらせてって言うのか?」



「お前…素直に好きって言えねーのかよ…」
「言えない」←キッパリ
20110927161634.jpg
「じゃあれだ、あれ。例え話とかで告るとか?」
「どんな風に?」



「例えばだな…ローリー…俺は空気がなければ生きていけない…
お前は空気だ。俺は空気がなければ死ぬ…」
20110927161826.jpg
「つまり俺には君が必要なんだ…。
ローリー!俺はお前なしじゃ生きていけない!生きて行けないんだ!」



「とかは?」
「亮…」
20110927161738.jpg
「何だよ?」
「いつからそんなロマンチックなキャラに?」



「おかしい?いかにもお前が言いそうだろ?」
20110928091146.jpg
「俺はそんな事は絶対に言わない。俺が言うとしたらこうだな」



「ローリー、お前は俺の晩御飯のおかずだ。
俺はおかずがなければご飯が食えない(発射しない)」
20110928091221.jpg
「飯が食えなければ俺は死ぬ(もだえ死ぬ)だから俺におかず(乳)を提供してくれ」



「………」
20110928091305.jpg
「素敵…」



―アパート―



ドンッ!
「キャッ!」
20110928091331.jpg
「おっと…!」



「あ…ごめんなさい!私ったらボ~っとしてて!」
「いや、俺もボ~っとしてたから…。こっちこそすみません…」
20110928091411.jpg
「いえ、そんな…私の方こそ本当にごめんなさい…」



「そんなお気になさらず。本当に大丈夫ですので。君こそ大丈夫?」
「ええ、私も大丈夫です。前を向いて歩かないからこんな事になるんですね」
20110928091505.jpg
「それは俺も一緒です。おたがい、ちゃんと前を向いて歩かなければなりませんね」
「そうですね(笑)」



「では私はこれで失礼いたします」
20110928091530.jpg
「ええ」



「って…あれ?君もここのアパート?」
20110928091612.jpg
「え…」



「な~んだ、俺もなんだ。その真ん中の部屋だよ」
「真ん中…?でもそこはローリーさんの…」
20110928091637.jpg
「あ、ローリー知ってる?」
「ええ…知ってますが…」



「そのローリーと一緒に住んでんの」
「ローリーさんと…?」
20110928091716.jpg
「そう。居候の身だけどね。いや~ここは中々いい所だね。
静かだし町にも意外と近いし。ここにずっと住んじゃおうかな~」



(ずっと…?それはもちろん、ローリーさんと一緒にと言う事よね…。
どう言う事なのかしら…。一緒にと言う事はローリーさんの恋人なのかしら?)
20110928091741.jpg
(けどローリーさんに恋人がいてもおかしくないわ…。
だって彼女はゴルゴさんを好きな訳でもないし…。それとも彼女も…)



「俺はシルヴァー、よろしく♪」
「あ…はい…私は沙織です。よろしく…」
20110928091810.jpg
「じゃ又」
「あの…差し出がましいようですが…あの…ローリーさんとは…」



「シルヴァー!帰ったの?早かったじゃん。今日はどうだった?仕事は見つか…」
20110928091916.jpg
20110928091946.jpg
「あ……」



「沙織…」
「ローリーさん…こんにちわ…」
20110928092344.jpg
「うん…こんにちわ…」
「ローリー、彼女もここのアパートだったんだな。さっきそこでさ…」


「シルヴァー、先に家に入ってて」
「え…」
20110928092545.jpg
「いいから先に入って…」
「あ…ああ…分かった…」



「あの…ローリーさん…私知らなくて…その…シルヴァーさんと…」
20110928092643.jpg
「うん…」



「彼と……一緒に暮らしているのですか?」
「暮らしてるって言うか…まあ…ほんのちょっとの間だけね…」
20110928101313.jpg
「そうですか…」
「勘違いしないで。だからといってアイツとはそんなんじゃないから。
アイツはたんなる友達だよ」



「友達…?」
「今はね…。けど…昔は恋人だった…」
20110928101345.jpg
「昔…」
「あくまでも昔よ…」



何故沙織に言い訳しているのだろう。別にどう思われたっていいはずなのに…。
20110928101406.jpg
誰にどう思われたって関係ない事だ。
なのに何故言い訳してるの…



「じゃ…またね…」
20110928101427.jpg
「あ…はい…」



「………」
20110928101451.jpg
20110928101450.jpg
「………」



カチャ…
「なに?あの娘となんかある訳?」
「別に…何もないよ…。ところで今日はどうだった?仕事は見つかった?」
20110928101521.jpg
「それが中々な…」
「家は?家も見つかんない?」



「それがさ…いい物件があったんだけど家賃が高くてな…。
とてもじゃないが今の俺には払えない。分かるだろ?その…仕事がさ…」
20110928101551.jpg
「そう…。しょうがないね…又明日探しなよ…」
「ああ…」



(ローリーさんの昔の彼?ローリーさんはそんなんじゃないって言ってたけど…
けどいくら昔の彼でも一緒に住んだりなんかするかしら…)
20110928101611.jpg
(例えどんな事情があっても一緒に住んだりなんか…)



(そうよ…きっと二人は恋人同士なんだわ。だから二人は一緒に暮らしてるのよ…。
でも…だとしたらゴルゴさんは片思いと言う事に…)
20110928101709.jpg
(もし…この事を彼が知ったら彼は諦める?諦めて私を見てくれる…?)



ピっ…
20110928101927.jpg
(電話をしてどうするつもり?彼に何を言うつもりなの?だけど…
そうよ、だけどこの事を知ればきっと彼はローリーさんを…)



(それに、恋人がいる人を思ってても仕方がないでしょ?そんな恋は辛いだけよ…)
20110928102146.jpg
(だったら知るのは早い方がいいわ…)




そう…思いが重くなる前に早く…



「あ…ゴルゴさんですか…?」
20110928102342.jpg
「私…沙織です…」



「え?アパートに?だからさ…」
「いや…それは…」
20110928102437.jpg
「だけどさっきも言ったけど俺はやっぱり…ちょ…沙織ちゃん待って…沙織ちゃん!」



ツーツーツー…
「って…切れてるし…」
20110928102548.jpg
「誰?」
「沙織ちゃん…」



「沙織ちゃんから?ちゃんと断ったか?」
「断る前に切られた…週末…アパートに迎えに来いってさ…」
20110928102638.jpg
「なにやってんだよ…」



「だって仕方ねーだろ。それにやっぱさ、断るにしても電話って訳にも行かねーし。
俺だって困ってんだよ…」
20110928102751.jpg
「まったくお前は…どうなっても知らねーぞ」
「今度はちゃんと言うって…」



― 週末 ―



「今日こそ見つかるといいね」
「そうだな…。ごめんな…」
20110928141357.jpg
「いいよ、言い出したのは私だし」
「悪い…」



「いいって。今日は私も付き合ってあげる。駅前の不動産屋に行ってみようよ。
それがダメなら町外れの不動産屋にも行ってみてもいいし。仕事はその後で探そう」
「いや、俺一人で…」
20110928141429.jpg
「今日は私も行くわよ。バイトも休みだしさ」
「けど…」



「おはようございます」
「沙織…」
20110928141454.jpg
「お二人でお出かけですか?」
「うん…ちょっとね…。沙織もどこかへ出かけるの?」



「ええ、これからデートなんです」
「デート…?」
20110928141524.jpg
「はい、ゴルゴさんと。まだデートと言う形ではありませんが、それでも私にはデートなんです(笑)」
「そっか…」



「じゃ…楽しんでね…」
「ええ、お二人も」
20110928141552.jpg
「私達は別にデートって訳じゃ…。ま…いいけどね…
よかったら駅前まで一緒に行く?どうせタクシーで行くから」
「いいえ、ゴルゴさんが迎えに来ますので」



「え…」
「もうすぐ来ると思います」
20110928141630.jpg
「アイツが…もうすぐ…来る…?」
「ええ…もうすぐ…」



「あ…じゃ私達はお先に…行こう、シルヴァー」
20110928141700.jpg
「ああ」



沙織ちゃん!
20110928141746.jpg
「ごめん、車が混んでてさ、ちょっと遅れ……た……」



「ローリー…」
20110928141916.jpg
「ゴルゴ…」



(なんか今会いたくないんだけど…。特にこれから沙織ちゃんと出かけるとこなんて…。
ま、別に何しに行く訳でもねーけどよ…)
20110928141814.jpg
(ってか…隣にいる男は誰?)



「すみません、わざわざ…」
「いや…いいけどさ…」
20110928142109.jpg
20110928142132.jpg
「沙織ちゃんのお友達?」
「ええ…そうです」



「あ…あの…ゴルゴさん…ご紹介しますね」
「あ?」
20110928142206.jpg
「彼はシルヴァーさん…。彼もここのアパートにいるんです」
「ここに?けどここってもう一杯なんじゃ?」



「ええ…ですから彼はローリーさんと一緒に暮らしているんです…。
お二人で………暮らしてるようです…」
20110928142231.jpg
20110928141834.jpg
「沙織…」



「ローリーと一緒に暮らしてる…?」
20110928142313.jpg
「そうですよね?ローリーさん?」



「そう……」
20110928142356.jpg
「一緒に暮らしてる男…」



「へえ…」
20110928142417.jpg
「そうなんだ…」



「あんた達はこれからデートなんだって?」
「やだ、ローリーさん…さっきも言いましたけど私達はまだデートと言う形では…」
20110928142454.jpg
「いや、デートだ」



「ゴルゴさん…」
20110928142526.jpg
「俺達はこれからデートさ」



「行こう沙織ちゃん」
「はい…」
20110928142550.jpg
(ゴルゴ…)



「………」
20110928142612.jpg
20110928142611.jpg
「………」



(へえ~…)
20110928142634.jpg
(そう言う事ね…)



(そうよ…)
20110928142712.jpg
(叶わぬ恋は辛いだけ…)





続き、第34話へ 「男は辛いよ(前編)」
二度目の恋…タイトル一覧は 「こちら」   
ストーリー別一覧は       「こちら」 

第32話 「僕の初体験」

*二度目の恋 君に逢いたくて…第32話



― 翌朝 ―(ホテル)


「おはよう」
「おはようございます…」
20110914101433.jpg
20110914101328.jpg
「よく眠れた?」
「はい、ぐっすりと♪」



「ところで俺、腹減って死にそう。メシ食いたい」
「お腹がすいたんですか?(笑)」
20110914101633.jpg
「夕べ頑張ったから。ルームサービスでも取ろうか?」
「もう(笑)起き抜けにメシ、なんてムードないな~」



「結婚したら毎朝言うよ。俺の体は燃費がいいからね。特に、頑張った翌日には」
「エッチ(笑)」
20110914101526.jpg
「エッチついでにもう一回頑張っちゃう?」
「お腹がすいて死にそうなんじゃないですか?(笑)」



「一回分ぐらいの体力なら残ってる」
「私はないです(笑)」
20110914101832.jpg
「君は動かなくていい。俺が頑張って動くから。それとも君が上に乗っかってくれる?」
「嫌です(笑)朝っぱらから恥ずかしくてそんな事出来ません(笑)」



「恥ずかしい?おかしいな~だって夕べの君は…」
「もう!」
20110914102141.jpg
「ほんとの事だも~ん♪ なんならもっと詳しく説明してやろうか?」
「結構です(笑)」



「ほんとにダメ?」
「ダメ(笑)」
20110914102323.jpg
「ケチっ」
「ケチだも~ん♪」



「今日はこれからどこかに行く?デートしようか?」
「デートですか?」
20110914102945.jpg
「それとも真っ直ぐに市役所に行くか。入籍だけ済ませるとか?」
「入籍って…あの…いくらなんでも今日は…」



「なんで?」
「だってその…両親にも先に報告したいし…」
20110914103041.jpg
「そっか…それもそうだな。いくらなんでもそれが先だな。気づかなくてごめん」
「いいえ。それに今日は学校にも顔を出して先生にも色々と相談があるし…」



「ほ、ほら…引っ越すとなったら学校もやめなくちゃならないし…
そ、それに家の整理とかもあるし…。だから今日は帰ります…」
20110914103337.jpg
「分かった。じゃ今日は仕方ねーな。整理がついたら連絡して。
一度サンセットバレーに行って君のご両親に挨拶に行こう」
「はい…」



「さてと…帰るか。もうチェックアウトの時間だ」
「ええ…」
20110914103508.jpg
「夜もちゃんと電話しろよ?それと、もうすぐ引っ越すけど俺の家の鍵、渡しとく。
俺がいなくても勝手に入って適当にしてくれて構わないから」
「…鍵?」



「行くぞ」
「あの…でも…」
20110914103840.jpg
「でももクソもない。持ってなさい」
「だけど…」



「いいから。ほら、早く行くぞ」
20110914103856.jpg
「はい…」



一方、シルヴァーを家に入れたローリー。あのまま見捨てるのも何となく後味が悪い。
もちろん、元の関係に戻る事はありえない。
ほんの少しの間だ。ただ…ほんの少し助けてあげるだけ…それだけだ…。



「じゃ…これ…。少しだけど小さい家なら借りられると思うから…」
「ああ…」
20110914104450.jpg
「今日はこれから家を探して、それから仕事を探しに行こう。私も付き合ったげる」
「いや…そこまでは甘えられないよ。俺が自分でやる」



「ほんと?ちゃんとやれる?」
「やれるよ。夕べお前に言われた通り、俺もそろそろちゃんとしなきゃな…」
20110914104535.jpg
「夢はさ…しょせん、叶わないから夢なのかもな…。
俺も最近になってそう思うようになって来たよ…。とにかく、ちゃんとするから」



「分かった…」
「金は必ず返すよ。それと…俺がお前とやり直したいと言ったのは本当だ。
ちゃんと生活を立て直してもう一度やりなおそう」
20110914104823.jpg
「だからそれは夕べ言ったはずよ…。ただ少しの間助ける…」



「頼むよ…もう一回だけチャンスをくれ…。お前がなんと言おうと、
俺は今度こそお前を幸せにしたい。本当に後悔してるんだ…」
20110914105127.jpg
「だからそれは…ああ!もういいわ、とにかく行って。
もし部屋がすぐに見つかるようだったら連絡して。ダメなら又明日探せばいい」
「分かった…行くよ…」



「行ってらっしゃい…」
20110915102002.jpg
20110915102019.jpg
(ローリー?)



(あの人誰だろう…。それにさっき何か渡してた?何?)
20110914105247.jpg
(何か封筒のようなものだった…。お金…?まさか…)



「ローリー…」
20110914105408.jpg
「今の人、誰?」



「このみ…」
「誰?」
20110914105830.jpg
「うん…」
「誰?」



「あいつだよ…」
「あいつって?」
20110914110140.jpg
「夕べあんたに言った最低野郎…。昔付き合ってたろくでなし…」
「嘘…なんでここに…」



「探して来たみたい」
「それは分かるけど…だけどどんな用事で?さっき彼に何を渡したの?」
20110914105917.jpg
「見てたの?」
「見えたのよ…。ね、何を渡したの?」



「なんでもな…」
「ローリー!」
20110914105955.jpg
「なんでもないって言ってるでしょ!?」
「なんでもなくないでしょ!」



「ごめん…。あいつさ…今住む所もないんだ…。
だから住まいが見つかるまでちょっとだけ私の所に置いてあげる事にしたの…」
「だから?だからさっき渡したのは何って聞いてるでしょ?」
20110914105852.jpg
「お金…。お金がなきゃ住むところも見つけられないでしょ…」
「お金って…。ローリー…何やってるのよ…」



「何やってるのよ!?彼がひどい人だって分かってるでしょ!?
ローリーがどんな目にあったか私に教えてくれたばかりじゃない!?」」
20110914110026.jpg
「分かってるわよ!」
「分かってるならどうして…」



「私だって何やってるかちゃんと分かってるわよ!」
20110914110356.jpg
「だけど放っとけないじゃない!昔惚れてた男が私に助けを求めてる。
黙って見てられないの。どうしても放っとけないのよ!」



「そんなのおかしいよ…」
「世の中にはね…あんたの愛する亮さんのように何でも出来る人ばかりじゃないのよ」
20110914110831.jpg
「アイツのように、何をやってもうまく行かない人間だっているのよ!」
「何それ…」



「もうこの事に口出ししないで」
「そう、そうね!亮さんは何でも出来るわよ!だからどうしたって言うのよ!?」
20110914110923.jpg
「このみ…」
「何にも知らないくせにっ!」



「もう分かった。勝手にすれば?お金でも何でもあげなさいよ。
私はもう何も言わない。だけどローリーがそんなにバカだなんて知らなかったわ!」
「あ、そこまで言う!?」
20110914110505.jpg
「言うわよ!」
「何よ!」



ローリーはむしゃくしゃしていた。
原因は一つだ。ゴルゴと沙織の事が気になって仕方がない。
20110914112102.jpg
だけど、それをこのみにぶつけるなんて私はどうかしている。
本当にどうかしている…。



「こんにちわ」
「沙織ちゃん…」
20110914111052.jpg
「どうしたんですか?こんな道端で大声出して…」
「う…うん…ちょっとね…」



「あ…そうだ…ローリーさん…」
「え…」
20110914111204.jpg
「私…夕べゴルゴさんに伝えたんです。自分の気持ちを」
「そ…そんな事を私に報告する必要なんてないのに…」



「いいえ、ローリーさんには色々と相談にのっていただきましたので。
まだ返事は聞いてませんが、もしダメだとしても私…諦めません」
20110914111313.jpg
「沙織…」
「諦めないって決めたんです。私…絶対に諦めません」



「例え、傷つく事になろうとも…」
20110914111357.jpg
「私は諦めない」


そう言いながら、彼女はローリーを真っ直ぐ見据えた。


沙織の挑むような瞳に先に気づいたのはこのみだった。
どこかいつもの沙織と違うような気がする。
20110914111606.jpg
彼女は……変わった…?
あのおっとりとした彼女ではない、むしろキリリとして見える。



そして彼女は美しかった。
沙織独特の透明感に強さとたくましさが加わり、彼女を光輝かせていた。
20110914111638.jpg
恋はこんなにも人を変えるものなのだろうか。



「では私、鈴之介さんとお話がありますので失礼します」
「ああ…うん…」
20110914111719.jpg
「ごきげんよう…」



ローリーは沙織を真っ直ぐに見られなかった。
見たら、嫉妬の嵐で沙織に何を言うか分からない。
20110914111746.jpg
そして彼女の迷いのない決意にも圧倒されていた。
ローリーに残ったのはイライラとやるせなさだけだ。

 

このイライラをどうすればいい?
このやるせなさをどうやって沈めたらいい?
20110914112102_20130402103744.jpg
(教えてよ…ゴルゴ…)



「ローリー…」
「何よ?あんたとは当分話したくない」
20110914112204.jpg
「あ、そう。私も話したくないわ!」
「あら、お互い様ね。何でも出来る亮さんとお幸せに」



「言われなくたって幸せになるわよ!ローリーもあの元彼とせいぜい仲良くね!」
「ええ、ありがとう。それじゃ私も失礼するわ。ごきげんよう」
20110914112327.jpg
「わ、私だって失礼するわよ!ごきげんよう!」



バタン!
(なによ!ローリーったら!なにがお幸せによ!)
20110914112517.jpg
(全然幸せなんかじゃないわよ…。今は全然そう思えない…ローリーのバカっ)



このみもローリーと同様、イライラしていた。
亮からプロポーズされ、今朝はすぐにでも入籍しようと言われた。
20110914112550.jpg
なのに素直に喜べない。
ヘタな言い訳で誤魔化し、幸せな時を先延ばしにしている自分がいる。



だけど彼が私にプロポーズしたと言う事は監督の申し入れを断ったと言う事だ。
亮の中ではすでに解決しているのだろう。
20110914112623.jpg
だから私が不安になる事も、イライラする事もない。
ないけれど…



けれど監督があんな事を言うなんてよっぽど差し迫っているのだろう。
ルビーの状態が最悪に近づいていると言う事だ。
20110914112709.jpg
でもだからと言ってどうして私達が犠牲にならなければならないのか。
それを受け入れない事がどうしてこんなにも罪悪感に苛まれるのか。



きっと亮も同じ気持ちだろう。罪悪感で苦しんでるはずだ。
そして一番怖いのはただ一つ。
20110914112813.jpg
そう…この先、ルビーに何かあったら…それが一番怖い…。
そしたらどうなる?そうなったらきっと、私達は一生後悔する。



私達はそれからも何事もなかったかのように幸せに暮らしていける?
それとも…?
20110914112948.jpg
このみはその先が目に見えるようでギュッと瞳を閉じた。
麗華が描いたシナリオ通りにどんどん突き進んで行くようで怖い。



どうしてこうなってしまったのだろう。ただ、彼に恋をしただけなのに。
20110914113039.jpg
愛する彼にプロポーズされると言う幸せな時を、
どうしてこんなに不安な思いを抱えて過ごさなくてはならないのか。



このみは麗華が心から憎い…と初めて思った。人をこんなにも憎んだ事はない。
彼女は亮も、監督も、そして小さな命をも利用した。
20110914122953.jpg
決して許される事ではない。
彼女をぶるぶると振るって何を考えているのかと問いただしたい。



だけど何を言えるだろう。もう事は動き出してしまった。
硬く閉ざされた扉の鍵はもはや彼女が握っている。
20110914123109.jpg
私も彼もそこから逃げ出す事が出来るのだろうか。
鍵は見つかるのだろうか。



この時このみはふと思った。本当の鍵は誰が握っているのだろうかと。
彼か…私か…。
20110914123144.jpg
何故か麗華ではなく、私か亮、そのどちらかが握っているように思えて仕方がない。
そんな彼女の背中を一筋の汗が伝わり落ち、このみはブルっと身を震わせた。



パタン
20110914123211.jpg
「鈴之介さん!」



「沙織さん…」
「あ…ごめんなさい、勝手に入って来てしまって…」
20110914123239.jpg
「いえ…それは構いませんが。
そんな事よりどうかしたんですか?ずいぶんと息が荒いようですが…」
「え…ええ…ちょっと興奮したもので…」



「あの…鈴之介さん…」
「はい?」
20110914123310.jpg
「私…夕べゴルゴさんにちゃんと伝えました…」
「そうですか…」



「けど…」
「え…?」
20110914123327.jpg
「けど…けど…うっ…」
「沙織さん…」



ガバッ!
「鈴之介さん!」
「は…はい…?」
20110914124739.jpg
ヒック…ヒック…私…私…!」
「さ…沙織さん…どうしたんですか…その…」



ギュッ!
「私…私!」
「や…あの……お…落ち着いて…」
20110914124802.jpg
「鈴之介さん!鈴之介さん!」
「沙織さん…お…落ち着いた方が…おち…」



ドサッ
20110914125042.jpg
20110914125111.jpg
「ドサ…?」



「鈴之介さん!聞いて下さい!」
「あ…さ、沙織さん…あの…ちょっ…」
20110914125149.jpg
「ゴ…ゴルゴさんには……ヒック…」
「さ…沙織さん…あの…もうちょっ離れ…」



「ゴルゴさんには気になる方がいらっしゃったんです!」
「え?それは…って…そうじゃなくて…その…ちょっと近い…」
20110914125232.jpg
「だけど私勇気を出して伝えました!」
「さ、沙織さん!こ、ここはベット…ベッ…」



「伝えたんです!あなたが好きですって…。あなたが好きですって!」
20110914125359.jpg
「そ…そう…ですか……あの…でもですね…ここはベッ…」
「私…(ゴルゴが)好き!」



ギュッ!
「好き好き好き!(ゴルゴが)」
20110914125505.jpg
「や…だからその…そ…そんなに密着したら…あの…ぼ…僕…」



ギュギュギュ~~~ッ!
「たまらなく好きなんです!(ゴルゴが)…ヒック…ヒック…」
20110914125747.jpg
「な…なんだか僕…のぼせ……」



「だ…だけどこれは初めての……快…感…じゃなくて…初めての体…験…」
20110914125658.jpg
鈴之介は沙織の甘い密着に失神寸前だ(笑)



「あの…沙織さん…」
「はっ!わ…私ったら!」
20110914125829.jpg
20110914125913.jpg
「ごめんなさい!」
「…いえ…全然…全然…」



「本当に……ごめっ…ヒック
私…本当に勇気を出したんです…。怖かった…怖かった…ヒック…ヒック…」
20110914130003.jpg
「鈴之介さん…」



ビクッ
20110914130035.jpg
「…はい?」



「ティッシュを…」
「え…」
20110914130057.jpg
「すみませんがティッシュを取って下さいませんか…?」
「ティッシュ…ですか?…」



「はい…お願いします…ヒック…私…お鼻がいっぱい出てしまって…」
「鼻…」
20110914130121.jpg
「お願いします…」



「………」
20110915123814.jpg
「申し訳ありませんが…ご自分で取っていただけませんか…。
僕はいま、立ち上がるのが非常に困難な状況にあります…。何故なら…」



「鼻血らしきものが体内から大量に流出してしまい…」
20110914131938.jpg
「ちょっと無理…」





続き、第33話へ 「止められない恋心」
二度目の恋…タイトル一覧は 「こちら」   
ストーリー別一覧は       「こちら」

第31話 「長い夜」

*二度目の恋 君に逢いたくて…第31話

今回の物語は別館でのアップになります。(いひひ)何この笑いww
18才以下の方や、不快と思われる方は閲覧をご遠慮下さいますよう、
お願いいたします。      まことん

それではどうぞ 第31話(別館)へ 第31話  「長い夜」



続き、第32話へ 「僕の初体験」
二度目の恋…タイトル一覧は 「こちら」   
ストーリー別一覧は       「こちら」 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
カウンター