第28話 「嘘つきな恋心」

*二度目の恋 君に逢いたくて…第28話


― 数日後 ―
20110725102443.jpg
ようやくアルバイトにも慣れた鈴之介。
以前より食欲も増し、心なしか顔色もよくなって来たような気がする。



「あれ?鈴之介、ずいぶん食欲あんね?」
「ええ!なんだか最近元気が出てきちゃいまして。
いや~働くとお腹がすきますね~食事がこんなに美味しいなんて初めてですよ!」
20110725102641.jpg
「へえ~よかったじゃん。店もだいぶ慣れたみたいだね。店長が褒めてたよ」
「そんな、褒めるだなんて!僕はまだまだです!」



「今日もバイト?」
「いえ、今日は違います。今日はこれから沙織さんと例の作戦の練習をしようと思いまして」
20110725103105.jpg
「作戦?」
「ほら、あの作戦ですよ!ゴルゴさんをゲットするための!」



「ああ……。ボソ…あのバカげた作戦ね…」
「よかったらローリーさんもアドバイスをお願いします!」
20110725102951.jpg
「マジでやるんだ…」



「わ~鈴之介君、美味しそう♪」
「やあ!このみさん!」
20110725103338.jpg
「こっちまで美味しそうな匂いが漂って来たわ」
「ご一緒にどうですか!僕はもう丼で2杯も食べちゃってお腹がパンパンです!
このみさんもローリーさんもよかったらどうぞ♪」



「すごい、鈴之介君が作ったの?」
20110725103432.jpg
「ええ。僕もやれば出来るんですね。中々面白かったです♪さ、どうぞ召し上がって下さい」



― 1時間後 ―



「す…」
20110725103518.jpg
「好き…」ポッ…



クラっ
20110725103538.jpg
20110725103552.jpg
ドテっ



「キャー!鈴之介さん!」
「あ…ああ…すみません…ちょっと夏バテ気味なもんで…」
20110725103629.jpg
「大丈夫ですか!?」
「え…ええ…大丈夫です…大丈夫…。……さあ、続きを…続きを…」



「す…」
20110725103713.jpg
「好き…」ポッ…


クラッ


ドテッ
「キャーーー!」
20110725103739.jpg
20110725103850.jpg
「鈴之介さんっ!大丈夫ですか!」



「ローリー…あの二人…何やってんの…?」
「告白の練習だって…。ゴルゴをゲットするなんちゃら作戦なんだってさ…」
20110725104005.jpg
「何それ…」
「ホットな作戦…」



「要はゴルゴと沙織をくっつけるための作戦って事。
鈴之介をゴルゴに見立てて告白の練習してんだろ?かなりマヌケだけど…」
20110725104202.jpg
「変なの…。って言うか鈴之介君…本当に夏バテ?どう見ても違うよね…
沙織ちゃんに好きって言われるたんびに倒れてたんじゃ練習にならないんじゃ…?」
「だね…」



「鈴之介さん…大丈夫ですか…?」
「え、ええ…大丈夫です…。す、すみません…さすがにこの暑さじゃバテ気味で…」
20110725104814.jpg
20110725104831.jpg
「今日は曇ってね?」                        「涼しいぐらい…」



「ちゃんと食事を召し上がってますか?食欲がなくても食べなくては…」
「そ、そうですね…。でもこう暑くちゃ食欲もなくて…」
20110725104946.jpg
「そんな…いけませんわ…。体力がもちませんわ…」
「ええ…気をつけます…」




「ローリー…私の勘違いかな…。鈴之介君…さっきご飯…食べてたよね…」
「どんぶり二杯…」
20110725105020.jpg
「店のまかないもガッツいてなかった?」
「愛に飢えてんじゃね?」



「さ、さあもう一度やりましょう!今度こそ大丈夫ですので!」
「本当に大丈夫ですか?」
20110725105127.jpg
「ええ、もちろんですとも!さ、始めましょう!」
「はい!」



「す…」
20110725105141.jpg
「好き…」ポッ…



クラっ



ドテッ
20110725105212.jpg
「キャーーーー!鈴之介さんっ」



― 亮達が所属するホームグラウンド ―



「もう少し…もう少し待ってくれ…」
20110725105318.jpg
「分かってる!分かってるがそう簡単にはいかないんだ…」



「来週までになんとかする…」
「ああ…必ず…」
20110725105357.jpg
「だから君の方もすぐに移植が出来るように…」
「よろしく頼む…」



ピッ
20110725105513.jpg
「………」



「監督!来てたんですか?」
「亮…。あ…ああ…一応まだチームはあるからな…」
20110725105537.jpg
「俺もなんだかんだ毎日足を運んでますよ(笑)」
「そうか…」



「ところでルビーはどうですか?あの後また発作がおきたと聞きましたが…」
「なんとか持ちなおした…。今は落ち着いてるよ…」
20110725110101.jpg
「そうですか…。早くドナーが現れるといいのですが…」
「ああ…」



「亮…」
「はい?」
20110725110436.jpg
「来週…時間あるか…?」
「ええ、ありますけど?」



「ちょっと話があるんだ…。悪いが時間を作ってくれないか…」
「話…?それなら今でも構いませんが?」
20110725110505.jpg
「いや…来週にしてくれ…。病院の方に来てくれないか…その時にお前に話がある…」
「え…ええ…分かりました…」



「じゃ、俺はもう病院に行く…」
20110725110541.jpg
「はい…」



「………」
20110725110628.jpg
(…すまん…)



(…監督?)
20110728111315.jpg
どこか監督の様子が変だった。なぜが歯切れが悪い。
思ったよりルビーの容態が悪いのだろうか…



それに、話と言うのは何の事だろう?金の事か?だが、その話はもう終わったはずだ…。
20110725110653.jpg
では話と言うのは何の事だろう…?
この時亮は、どこか腑に落ちないものを感じていた。



― ラウンジ『ブルーライト』 ―



「え?サンセットバレーに?」
「ああ…。もうチームの事情は知ってるんだろ?それにルビーの事で、
俺がどうする事にしたのかも、お前が察してる通りだ。家は売るよ」
20110725110852.jpg
「マジで?まあ…お前ならそうすると思ったけどよ…。
で、でも俺は?お前がサンセットバレーに行ったら俺はどうすんだよ…」
「だからお前にいま言ってんだよ。俺と一緒に来ないか?」



「行く」←きっぱり!
「即答だな…」
20110725110920.jpg
「あたりめーだろ?ってかホッとした。置いてかれるのかと思ってビビった…」
「お前は俺の女か!」



「で、このみちゃんも行くの?」
「ああ。一緒に来てくれるって言ってくれた。それこそホッとしたよ…」
20110725110955.jpg
「ラッキー♪ んじゃ向こうでもこのみちゃんに会えるな~」
「会わなくていいから…」



「で、即答したのはいいけど…何か忘れもんはねーのか?」
「忘れもん?そんなんねーよ。大して荷物もねーし」
20110725111022.jpg
「そう言う事じゃなくて…。ローリーの事、いいのか?」
「べ、…別にあいつは関係ねーだろ…ロ…ローリーの事がなんで出てくんだよ…」



「お?」
「なんだよ…」
20110725111137.jpg
「ゴルゴ君~なんか違ってきてるね?」
「だ、だから何が…」



「雰囲気が。前はそんな風に口ごもらなかっただろ?ローリーに惚れちゃった?」
「ちっ!ちげーよ!」
20110725111052.jpg
「嘘つき~」
「嘘なもんか!なんで俺があんな野蛮な女に惚れんだよ!いい加減な事言うなよな!」



「へえ~。…ま、いいけど…」
「お、俺はな~あんなんじゃなく、
このみちゃんのようなフワ~っとした女の子がいいの!ローリーなんて問題外」
20110725111224.jpg
「へ~ほ~は~」
「お前…ムカつく…」



「ゴルゴ…」
「なに?」
20110725111401.jpg
「後で気づいても遅いぜ?」
「気づくって?」



「何が大切か、だ。俺は昔、大切な物を無くした事があるからよく分かる。
あの時の俺も後で間に合うと思ってた。だけど時は待ってはくれなくてな…」
20110725111431.jpg
「だからこそ今度は絶対に無くしたくないんだ。
もうあの時のような後悔は二度としたくない。それをお前に言いたくってさ…」



「前に惚れてた女の事言ってんの?ふ~ん、初めてだな、お前がその女の話したの。
いつものらりくらりと誤魔化してたし」
20110725111529.jpg
「別に誤魔化してた訳じゃねーよ」
「このみちゃんの友達なんだろ?」



「ああ。不思議だよな。彼女にも向こうで何度も会った事が会ったんだけど、
こんな感情が生まれるなんて思ってもみなかった」
20110725111618.jpg
「運命の相手ってか?」
「かもな…(笑)」



「けどそれを言うなら俺はリンダの方が俺の運命の相手だと思ってた…」
20110725111648.jpg
「でも実はその隣にいた、このみちゃんの方が俺の相手だったんだな。
そう考えると出会いって面白いな」



「だから何?俺の相手はローリーだって言いたいわけ?」
20110725112015.jpg
「別にそんな事は言ってねーよ。
ただ、取り返しがつかなくなる前に、捕まえるもんは捕まえとけって事だよ」



「あんな~!お前だってそのリンダちゃんとやらを捕まえなかったから、
かえって、このみちゃんを捕まえられたんだろ?」
20110725111804.jpg
「じゃ俺だっていまローリーを逃しても、違う女を捕まえる可能性だってあるって事じゃねーか!」



「逃す?って事はやっぱ惚れてんだ?」
「なんでそうなんだよ!例えばの話だよ!例えば!」
20110725112251.jpg
「へ~ほ~は~」
「お前さっきからウザイ…」



「で、そのリンダちゃん……可愛い?」
「あ?」
20110725112043.jpg
「可愛い?お前が惚れたぐらいなんだ。可愛いだろうな~」
「このみちゃんの次にな」



「これだよ…。ああ~ぜってー可愛いんだろうな。げー!俺、どうしよう…」
「何が?」
20110725112337.jpg
「だって恋しちゃったら…」
「アイツは人妻だっつーのっ。ジーンの所に嫁に行ったよ」



「ジーン?もしかして……小泉ジーン?」
「知ってるよな。前に俺らのチームにいたし」
20110725112411.jpg
「いや、俺が入った頃にはもうサンセットバレーに移ってた」
「あれ?そうだっけ?」



「だけどジーンの事は知ってるぜ。この世界じゃお前と対張るぐらい有名な男だし。
一度会って見たかったんだよな~。なんだ…あの男が旦那か…」
「そう。あの男が旦那。ジーンにスルッと持ってかれちまった(笑)」
20110725112455.jpg
「と言うか、何者なんだよ?そのリンダって女。
お前とジーンを相手に…なんかスゲーな…。ますます見てみてー」
「意外と普通だって(笑)」



「ぜってーんな訳ないね。ジーンもめっちゃイケメンだし…」
「確かにイケメンだな(笑)」
20110725112600.jpg
「けっ!世の中にはな~お前とかジーンよりも、
俺の方がいいって言う女だってわんさかいるのっ」←ビンゴ女とか?(笑)
「あ~いるね~。…ボソ…ローリーとか…



「だからローリーは…」
「向こうに行ったら会えなくなるぞ。
もしかしたら二度と会えなくなるかもしんねーぞ?それでもいーのか?」
20110725112749.jpg
「べ、別に関係ねーし…」
「ふ~ん…」



「全然関係ねーし…」カラン…
20110725112818.jpg
20110725112847.jpg
(関係ないって言う顔じゃないけどね…)



ピンポン♪
20110725113140.jpg
20110725113158.jpg
「はーい!このみ?いいよ、入って!」



ピンポ~ン♪



「このみで!入って来てってば!いま手が離せないの!鍵はあいてるから!」
20110725113234.jpg
20110725113300.jpg
カチャ…



「ね、一緒に食べる?
最近、料理に凝っちゃってさ~味見してよ♪その辺に座ってて。すぐに出来るから♪」
20110725113328.jpg
20110725113344.jpg
「ローリー…」



「あんた…」
20110725113420.jpg
20110725113512.jpg
「久しぶりだな…」



「やっと見つけた…。ずっとお前を探してたんだ…」
20110725113435.jpg






続き、第29話へ 「決戦は明日」 
二度目の恋…タイトル一覧は 「こちら」   
ストーリー別一覧は       「こちら」 

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
カウンター