第45話 「空回りする粉雪」

*二度目の恋 君に逢いたくて…第45話

-翌朝-
Screenshot-298.jpg
コンコン…
「おはようございます」



コンコン…
「亮様、起きていらっしゃいますでしょうか。朝食の準備が出来ております」
Screenshot-299.jpg
「亮様?」



このみから突然の別れを言い出された亮。
まだ信じられない、彼女があんな事を言うなんて。
Screenshot-304.jpg
夕べは一睡も出来ずに、ただ呆然と冷え切った部屋の中で固まっていた。
心も体も動かない。時間の感覚さえ分からなくなっていた。



カチャ
「おはよう、起きてるよ。悪いけど食欲がないんだ。朝食はいらない」
「ですが…」
Screenshot-312.jpg
「ごめん、本当に食いたくないんだ」
「そうですか…かしこまりました…」



彼女が言った事は本当なのだろうか?
今までの俺への気持ちは憧れだったと?前の男と別れたせいで淋しかっただけだと?
Screenshot-315.jpg
挙句の果て、その男からプロポーズされたからヨリを戻すと?
今まで俺と二人で過ごした日々は何だったのか。すべて偽りだったのか?



いいや、違う!彼女の俺へ向けたあの眼差しには愛が感じ取れた。
偽りなんかじゃない、本物の愛が確かにそこにあった。
Screenshot-320.jpg
何か事情があるのかも知れない。
俺がサンセットバレーで一からやり直す事に不安を感じていたのだろうか…。



そうだ、ルビーの事で全財産を投げ打とうとしてる事に不安があってもおかしくはない。
俺は一人で突っ走り過ぎてしまったのかもしれない…。
Screenshot-313.jpg
いずれにしろ、何らかの理由があってあんな事を言い出したに違いない。いったい何なんだ?
それとも…まさか本当に彼女はあの男と…?



ああ…結局そこにたどり着いてしまう。何度考えても行き止まりだ…。
亮の頭に繰り返し同じ事が消えては浮かんでいた。
Screenshot-316.jpg
結局最後には一番認めたくない答えに行き着くのに、
自分でも呆れる程、考える事をやめられない。息が詰まりそうだ。



もう分からないよ…。何故、突然あんな事を言いだしたのか…。
Screenshot-321.jpg
俺には君が分からないよ…。



ツルルルルル…
ツルルルルル…
Screenshot.jpg
「ただいま出かけております。発信音の後に…」



(電話……亮さんかな……)
Screenshot-2.jpg
なんて…まさかね…。あんな事言ったんだもん…。彼から電話がくるなんてありえない…。



一方、亮に別れを告げ、やっとの事で家に帰り着いたこのみ。
このみも亮と同じように、夕べは一睡も出来ないでいた。
Screenshot-4.jpg
寝たら最悪な夢を見る事は分かっていたからだ。
もっとも、ベットに入ったところで睡魔がやって来るとは到底思えなかったが。



目を閉じると、夕べの彼の悲しそうな顔ばかりが目に浮かぶ。
彼のあの、驚きと衝撃の顔。
Screenshot-3.jpg
そして「お先に…」と言った時の失望の声。その事を思い出すと自分が許せなくなる。
ああ…彼を傷つけた自分をこの世から無くしてしまいたい。



だが…いくらそう思っても、ああするしかなかったと思っている。
彼を納得させるためにはあの方法しかなかったからだ。
Screenshot-8.jpg
普通の理由じゃ彼は絶対に引き下がらない。
そう、もし時間が戻って、また同じ場面に差し掛かっても同じ事をしたに違いない。



もうすべてが終わったのだ。この先、前の男へ走った私を彼は決して許しはしないし、
そしてあの力強い腕に私を抱き寄せる事も二度とない…。
Screenshot-10.jpg
Screenshot-455.jpg
ツルルルル…
ツルルルル…



「………」
Screenshot-15.jpg
「雪が止まないな…」



「変だな…」
Screenshot-457.jpg
Screenshot-237.jpg
「なんだ?どうした?」



「このみよ…この間から何回電話しても電話に出ないって言ったでしょ?
あんまりにもおかしくない?携帯も家の電話も出ないのよ?」
Screenshot-246.jpg
「そうだな…。だけど彼氏でも出来てデートとかで忙しんじゃねーのか?」
「まさか。彼が出来たなら私に真っ先に言うはずよ…」



「あ、分かった。お前、絶交されてっとか?」
「なんで私が絶交されんのよ?」
Screenshot-242.jpg
「俺のせいでさ。まだ俺を忘れられなくて、お前と話したくないわ~みたいな?」
「あ~~それはないない、ありえない。ジーンの事なんてと~っくに忘れてるわよ」



「へいへい、さいですか…。   なあ、ところでさ…今月……あった?」
「何が?」
Screenshot-252.jpg
「何がってお前……毎晩頑張ってる証だよ。俺らのベイビーさ♪」
「残念でした。いま、まさにそれ」



「げ~っ…」がっくり
「なにその大袈裟な肩の落としよう」
Screenshot-255.jpg
「だってしたら今晩…」



「なにが今晩よ、ジーンの頭にはそれしかないの?」
Screenshot-254.jpg
「だってだって俺朝っぱらから…
うなぎとスッポンと山芋と納豆、もりもり食べちゃった…元気いっぱいなの…」



「ばっかね~(笑)」
「ふ、風呂でやる…?」
Screenshot-328.jpg
「ば~か(笑)」



「と言うかさ、ジーン、なんか間違えてんじゃない?」
「あ?」
Screenshot-330.jpg
「放出する場所よ!」
「ば、ばか!いくらなんでも間違えるか!」



「だってさ~こ~んなに頑張ってるのにさ~」
「ま、まさか…いくらなんでも…」
Screenshot-333.jpg
「な~んて冗談よ(笑)ジーンったら本気にしちゃって(笑)」
「な、なんだ…冗談かよ…り、リンダちゃんたらぁ~あはは…はは…は…」



「さて、お昼の買い物でも行って来るわね」
「お、おう…」
Screenshot-335.jpg
Screenshot-337.jpg
「………」



ピッ
Screenshot-343.jpg
Screenshot-345.jpg
「もしもし唐沢?俺…ジーン…。あのさ…医学的にちょっと聞きたい事が…」
「うん…その…あ、穴の位置関係…につい…て…ゴニョ…」



「位置関係?ってなんだ今更。ピーチボーイでもあるまいし(笑)」
Screenshot-363.jpg
Screenshot-347.jpg
「いいから黙って答えろよ!あのよ…あれはやっぱさ…前…だよな?」



「あったりめ~だろ~!そんなもんおめ~前に決ま…あ、こら!そこに穴掘んな!」
Screenshot-372_2013102510075672e.jpg
Screenshot-349.jpg
「え?」



「こらこらこら!そこはダメ!
その雪の下には、せっかく俺の可愛い可愛い嫁さん(稲子)が作った花壇があるの!」
Screenshot-371.jpg
Screenshot-385.jpg
バウ?



「いいか、よく聞け。掘るなら後ろだよ!後ろ!分かったか、ボケ~~!」
Screenshot-387.jpg
Screenshot-350.jpg
「な、なんかよく聞こえないんだけど…。お前いま後ろって言った?
って…おいおい…いくらなんでもそれはちが…」



「ああーーーダメダメ!前はダメだっつーの!さっきから後ろって言ってるだろ~が!
お前は前と後ろも分かんないのか!怒るぞほんとに!」
Screenshot-391.jpg
Screenshot-403.jpg
「バウ~~」



「いや…唐沢…だからな、それは後ろじゃなくて前だろ…やっぱり…。でしょ?」
Screenshot-352.jpg
Screenshot-383.jpg
「いいや!前じゃなくて後ろ!」きっぱり



「そうそう…いいぞ~後ろだぞ~~バックだバック…カモ~ン…」
Screenshot-380.jpg
「バウ!」



「嘘…」
Screenshot-354.jpg
Screenshot-395.jpg
「わりーわりーうちのバカ犬がよ……ジーン?」



ツーツーツー
「切れちまった…」
Screenshot-400.jpg
「あれ?ひょっとしておれの出番って…これだけ?」



ヨロ…
「まさか俺…マジで間違えてた?い、医者のアイツが言うんだ…間違いねー…俺とした事が…。
と言うか俺の今までの人生ってなんだったんだ?違う場所で喜んでる俺って…」
Screenshot-407.jpg
「まいったな…後ろが正解とは。赤ん坊が出来ないはずだ。
この先、いきなり方向転換できるのか、俺! と、言いつつ、ちょっとワクワクだけど…」おいおい…



「しかしな…リンダになんて言い訳したらいいんだよ…実は今までのは間違ってて、
本当は後ろでした、な~んて言ったらアイツ、ぜってーキレそう…」
Screenshot-406.jpg
「いや、無理無理、間違ってもそんな事は言えない。しょ~がね~…
こうなったら知らんフリして後ろに転換するしかねーよな…。大丈夫だろ…きっとアイツ…」



「気付かないよね?」気付くよ、おたんこなす!(笑)
Screenshot-423.jpg
Screenshot-454.jpg
(リバービュー)



「う~~さみ~~なんだこの寒さ。凍えちまうぜ…まったく…」
Screenshot-19.jpg
「んだよ…しけってるじゃんか~~火~つけよ!このやろ~~!」



ローリーが電話に出ない事にイライラしているゴルゴ。もはやイラつくというよりはムカつきに近い。
Screenshot-21.jpg
なんで電話に出ないんだ?いくらあの時、ちょっと言い合ったからって、これはないだろう?
こんなに毎日毎日電話してるのに…



毎日酒をかっくらってベットに入ってもちっとも眠れない。無理やり寝ようとしても、
すぐにローリーとの、あの悩ましい一夜の事ばかり思い出し、かえって興奮する始末。
Screenshot-26.jpg
このままだと俺は寝不足で死んでしまう!



「くそ!」
Screenshot-27.jpg
Screenshot-29.jpg
ゴルゴは気がつけば、そこらへんにあったGパンを履き、上着も着ないで外に飛び出していた。




そしてやって来たのはもちろん、ローリーが住んでるアパートの前。
ゴルゴは直接ローリーをとっ捕まえようとタクシーを飛ばしてやって来た。
Screenshot-43.jpg
「このやろ~…さみーじゃねーか…」



よ~し…今日こそはアイツにちゃんと言うぞ。
まずは穏やかに話し合ってだな…そんで俺の気持ちを言えばいいんだよ…だろ?
Screenshot-47.jpg
こう言う時はあれだな、ごちゃごちゃ言わねーでズバリと言った方が早えーな。
そうだ…俺はお前がだな…その……す…す…す…すき…



「やき…」
Screenshot-40.jpg
ちゃうちゃう、そうじゃねーし…。じゃなくて、俺はお前が…す…す…す…



「すき…」
Screenshot-46.jpg
ゴルゴさん!



わ!びくった~
「どうしたんですか?こんな朝早くに?」
Screenshot-52.jpg
「ど、どうしたってその…さ、沙織ちゃんも早くからお出かけ?」
「ええ、私最近、ジョギングを始めたんですよ。ちょっと太り気味で(笑)」



「あ!ひょっとしてゴルゴさん、ローリーさんに会いにいらしたんですね?」
「え!?あ…えっと…まあ…その…べ、別にそういう訳じゃ…ゴニョ…」
Screenshot-58.jpg
「隠さなくてもいいですよ(笑)」



「いいですよって…(ずいぶん明るくね?)」
Screenshot-60.jpg
Screenshot-64.jpg
「上着も着ないで寒くないんですか!」
「さ、寒いね…確かに…」



「そうだ…俺さ、君に言わなければならない事があったんだ…」
「私に?」
Screenshot-59.jpg
「うん…。ほら…この前会おうって約束しただろ?あの時話そうと思ったんだけど…」
「そうだ!私ったらごめんなさい!あの時はすっぽかしてしまって…」



「いや、いいんだ、それはもう…。んでさ…その…」
「ゴルゴさん、私もういいんです」
Screenshot-69.jpg
「え?もういいって…何が?」



「私に言いたい事の内容ならもう、分かってますから。
あの日、ゴルゴさんが私に何を言おうとしてたのか、本当はとっくに察してました」
Screenshot-70.jpg
「だけどそれを受け止めるのが怖くて…」



「悪あがきしちゃったんです、私(笑)
でも もう大丈夫です。私のゴルゴさんへの恋は終わったんだと…ちゃんと分かってますから…」
Screenshot-71.jpg
「沙織ちゃん…」



「私、ゴルゴさんには感謝してるんですよ」
「俺に?」
Screenshot-73.jpg
「はい。あんな気持ち、生まれて初めてでした。とても不思議な感覚。
ドキドキして息苦しいのに、何故か体は妙に興奮しちゃって…今にも空高く飛べそうでした…」



「そして普段なら出来ない事も、全部出来そうな気がしました。
だから出来たんです、あたなに好きと伝える勇気が」
Screenshot-76.jpg
「あれが恋なんですね…。とても熱くて切なくて。
きっとこれから先、あんな感覚を味わう事は二度とないかもしれません」



「いや、そんな事はないさ。
また人を好きななれば、同じように熱くなるよ。大丈夫、俺が保障する」
Screenshot-77.jpg
「ほんとですか(笑)
なら私、ゴルゴさんが保障してくれる事ですし、もう一度 恋をしてみようかな(笑)」
「うん(笑)」



「わ!大変!ゴルゴさん、早くローリーさんのお部屋に行ったらどうですか。凍えちゃいますよ!」
「あ…ああ…まあ、そうだな…うん…じゃ…ローリーのところへ…」
Screenshot-78.jpg
「早く行ってあげて下さい(笑)」
「う、うん…」



「あれ?お二人とも、こんな朝早くからどうしたんですか?」
Screenshot-79.jpg
Screenshot-80_20131025111343407.jpg
「よう、鈴之介じゃねーか」



「ゴルゴさん…寒くないんですか…そんな半袖で…」
「うるせーよ…」
Screenshot-82.jpg
「風邪ひきますよ?」
「お、ちょうどいいや。
お前のそのマフラー…さぞかしぬくいんだろうね…俺にちょっとそのマフ…」



「あ!分かりました!」
「聞けよ…。だからちょっくらそのマフラー…」
Screenshot-85.jpg
「ゴルゴさんは沙織さんに会いにいらっしゃったんですね!」
「はい?」



「僕は野暮だな~~(笑)すみません、お邪魔してしまって」
「何言ってんだよ…とんちんかんな事言ってんじゃねーよ…。だいたい、俺と沙織ちゃんはだな…」
Screenshot-87.jpg
「隠さなくてもいいじゃないですか!もしや照れてるんですか?(笑)」
「そうじゃなくって…」



「ええ、そうなんです!ゴルゴさんったら私に会いに朝早くから来てくれたみたいなんですよ!」
Screenshot-92.jpg
Screenshot-93.jpg
「あ?」



「いや~うらやましいな~!銀世界の中でのデートとは、なんとロマンチック!」
「なにがロマンチック…。お前ね、さっきから言ってる事がおかしいんだよ…。あんな…」
Screenshot-94.jpg
「ええ!ゴルゴさんったら本当に素敵ですよね!」
「さ、沙織ちゃん…?」



「そうだわ!これから私、パンケーキを焼こうと思ってたんです!
よかったらお二人ともいかがですか?」
Screenshot-100.jpg
「そんな!お二人のお邪魔するほど僕も野暮じゃありませんよ(笑)」
「まあ、何をおっしゃってるんですか!遠慮なさらず!」



「ゴルゴさんも中へどうぞお入りになって!」
Screenshot-103.jpg
「あの…もしもし?沙織ちゃん…俺はね、ローリーの所へ…」



「沙織さん、お気持ちは嬉しいですが、僕はほんとうに…」
Screenshot-107.jpg
「いいえ、鈴之介さんもどうぞ中へ。私達の事ならお気になさらないで下さい。
そんな事で気を悪くするゴルゴさんではありませんので」



「そうですよね!ゴルゴさん!」
Screenshot-109.jpg
「え?あ…はい…」



(じゃなくて…何言ってんだ…俺…)
Screenshot-111.jpg
(な…なんかこれ…おかしくね?)



「さあ、どうぞ召し上がって下さいね♪」
Screenshot-112.jpg
Screenshot-114.jpg
(これって何かの罰ゲーム?)



「申し訳ありません…せっかくのお二人の時間をお邪魔してしまって…」
「いや…だから俺と彼女は…」
Screenshot-424.jpg
「でもお二人は結局うまくいったようですね!
こうしてゴルゴさんが訪ねて来られるぐらいですから。僕も安心いたしました」
「ちょっと俺の話聞けって…だからな、鈴…」



「はい、うまくいってます」
Screenshot-124.jpg
「うふふ…。ゴルゴさんってとっても優しいんですよ。私…とっても嬉しいです…」



こらこら…何言っちゃってんの?
Screenshot-125.jpg
「さ、沙織ちゃん…あのさ…さっき…たった今…その…言ったよね…?」



「ゴルゴさん、又二人でデートしたいですね♪」
Screenshot-128.jpg
「ねっ言われても…。そう言う話じゃなくてね…ほら…さっき君…言ってたよね?俺との恋は…」



「デートと言えば…」
「って…俺の話聞いてる?ね、聞いてる?」
Screenshot-428.jpg
Screenshot-431.jpg
「鈴之介さんもつい先日、素敵な女性とデートしたんですよね?」



「え…」
「この間嬉しそうに出かけていったじゃありませんか…。前にお会いした方とデートすると…」
Screenshot-430.jpg
「あ、ああ…ええ…まあ…」



「え?鈴之介、そんな女いたの?」
「ええ…一応…」
Screenshot-434.jpg
「へ~~なんだよ、案外やる事やっちゃってんじゃん」
「ぼ、僕はやる事なんて…」



「ええ、そうですね。やる事やっちゃってますね」
Screenshot-138.jpg
「さぞかし素敵なデートだったんだろうと思いますわ…」



「で、どこ行ったの?あ、お前の事だから、公園でお弁当広げて~てか?」
「いいえ、きっとお花がいっぱいある、素敵なレストランに行かれたのでは?」
Screenshot-139.jpg
「いやいや、鈴之介だもん。ぜって~公園でお子ちゃまデー…」



「いいえ、絶対にお花がたくさん、たくさんあるレストランに行かれたと私は思いますわ!」
Screenshot-141.jpg
「そしてその後はお二人でクスクス笑ったりクスクス笑ったりクスクス笑ったりなさったのでは!?」



「な、何故それを…」
Screenshot-441.jpg
「女の第六感ですわ!」キッパリ



「ほ…ほ~お前にしては中々じゃん…」
Screenshot-145.jpg
(なんだか沙織ちゃん…前よりも数段に迫力が増してると思うのは俺だけ?)



「ま、まあ…中々楽しいデートでした…。あ、あの…僕の話しはもうこのへんで…」
「その後はどうなさったのですか?」
Screenshot-438.jpg
「え…」
「その後です。どこへ行かれたのですか?」



「え、えーと…そ、その後は…そのまま公園を歩いて…」
Screenshot-439.jpg
と、トボケル鈴之介



「ま、いいじゃん。お前のデートコースを聞いてもな~」
Screenshot-153.jpg
Screenshot-155.jpg
「そういえば…]



「最近、町の外れでどピンク色の建物を見かけました。ゴルゴさんはご存知ですか?」
「どピンク色?そんな建物あったっけ?」
Screenshot-156.jpg
「ええ、あります。と~っても派手でケバイ建物なんですよ!」
「派手でケバイか…。としたらその建物はアレっしょ?」



「そうアレですね」
「え?沙織ちゃん、あれって分かってんの?ね、分かってんの?」
Screenshot-446.jpg
「あんなピカピカしてていやらしい…」
「いやらしいって…あ、知ってんだ?ね、知ってんだ?てかさ、俺の話し聞いてる?」



「あれは何をするところなんでしょうね?鈴之介さん?」←聞いちゃいねー
「え!」ギクリとする鈴之介
Screenshot-449.jpg
Screenshot-448.jpg
「ぼ、僕に聞かれても…」



「あ~ダメダメ。鈴之介に聞いても無理ってもんよ。絶対に鈴之介は利用しそうにない所だもん」
「そうでしょうか?そう決め付けるのは失礼じゃありません?」
Screenshot-167.jpg
「失礼?いや…だけどさ…あの建物は…だから沙織ちゃん、あの建物の意味は…」
「ゴルゴさん、あなたも利用した事があるんじゃありません?」



「お、俺はあるって言うか…昔の事って言うか…
で…でもでも俺はそんな趣味の悪い、どピンク色でいかにもっつーラブホは…ゴニョ…」
「あるんですか!ないんですか!」
Screenshot-169.jpg
「あります!」何故か敬語のゴルゴ(笑)
「それなら鈴之介さんだって利用しますよ」



「そうですよね?鈴之介さん?」
「ぼ、僕は!」
Screenshot-173.jpg
「僕は、何ですか?」
「ぼ、僕は…なんの事か…」



「沙織ちゃん、鈴之介は何の事か分かんねーって。聞いても無理っしょ?」
「ゴルゴさんは黙ってて下さい!」
Screenshot-176.jpg
「でもさ…」
シャーラップ!



「はい…」
Screenshot-177.jpg
(なんかおかしくね?これってどういう状況なんだろ…?さっぱり分かんねーし…
つうかなんか俺だけ仲間外れっぽいと思うのは気のせい…?)



「でもそうですよね、まさか鈴之助さんがあんな野蛮な場所へなんか行きませんよね。
私ったらなに変な事聞いてるのかしら(笑)あらやだ、冷めちゃったわ」
Screenshot-179.jpg
「だけどあんな場所へ行く人の気が知れませんわ~
まあ、鈴之介さんは絶対に絶対に絶対に行かないでしょうけど!」



「でも案外分かりませんよね。男なんて所詮、優しくて紳士そうなツラしてても、
お色気ムンムンのアッパらパーの女性に誘われたりなんかしたら…」
Screenshot-180.jpg
「ああ汚らわしい!」



「いまツラっていったよね…アッパラパーっていったよね…」
Screenshot-181.jpg
(沙織ちゃんがなんかおかしい…)



「やだ!私ったら(笑)鈴之介さんはそんな訳は絶対に絶対に絶対にないのに!」
Screenshot-449_20131029104928511.jpg
「そうですよね、鈴之介さん?」
「え…ええ…まあ……」



「まあ、私ったらお茶もお出ししないで、ごめんなさい(笑)つい話に花が咲いてしまいましたわ!
喉が乾きましたわよね」
Screenshot-188.jpg
「そう言えば美味しい紅茶があるんだったわ!私大好きですの!まだまだお喋りしたいし、
お二人共もちろん、飲みますよね?」



「いいえ…」
Screenshot-452.jpg
Screenshot-451.jpg
「結構です…」しろ目(笑)



「はあ…なんか息がつまった…。それにしても沙織ちゃん、なんか変じゃね?
怒ってるって言うかさ。前にも増して迫力あったよな。いったいどうしたんだ?」
Screenshot-198.jpg
「それにいやにピンク色の建物の事も気にしてたしよ~なんでだろうな…。
おい…鈴之介?俺の話聞いてる?」



「おい…お前顔面蒼白だぜ?大丈夫か?」
「だ、大丈夫です…ちょっと寒くて…」
Screenshot-199.jpg
「それにしてもお前がデートとはな。で、どこで捕まえたの?」
「え…」



「お見合いとか?」
「い、いえ…そんなんじゃありません…。か、彼女とはその…前に街で会って…食事を一緒に…」
Screenshot-201.jpg
「え?まさかナンパ?まっじ~~」
「ナ、ナンパなんてそんな軽薄な…」



「だってその女とは初めて会ったんだろ?」
「まあ…そうですが…」
Screenshot-202.jpg
「それをナンパって言うんだよ」
「で、ですから…させ子さんとは…そんな…」



「させ…子?もしかしてその女の名前、させ子って言うのか?」
「はい、そうですが?」
Screenshot-203.jpg
Screenshot-205.jpg
「ぶーーーーーーーーーーー!させ子だってよ、させ子!
マジかよ~!親もよくそんな名前つけたよな(笑)どんな女か見てみて~~」←お前は見てる



「な、何がそんなにおかしいのですか?」
「だってお前、させ子だぜ?いや~~笑った(笑)」
Screenshot-207.jpg
「べ、別におかしくないのでは?」
「本気で言ってんの?どうみてもおかしいだろ~よ~(笑)」



「まあ、いいや。ところでさ、沙織ちゃんも言ってたけど、そのピンク色の建物?
お前、ほんとに知らないの?」
Screenshot-208.jpg
「え!?」
「はは~~ん…お前実は知ってんだろ?ムッツリスケベだもんな、お前」



「し、しっけいな!ぼ、僕は…」
「あ、もしかしてデートの後、その女とそこへご休憩に行っちゃったりなんかしちゃって?」
Screenshot-202_20131029110729dcf.jpg
「な、なななな 何を言うのですか!?」
「うわ~~~マジかよ~~」



「ゴ、ゴルゴさん!な、なにを根拠にそんな事を言うのですか!僕は不愉快です!」
「だってお前のその態度、どう見ても変だろ?」
Screenshot-213.jpg
「なあ、別にいいじゃん、行ったって。お前だって健康な男子なんだしさ。で、行ったんだろ?」
「ぼぼぼぼぼぼ、僕はそんな場所へは!」



「ぶは!ぜって~行ったね。賭けてもいい」
「ぼ、ぼくは…僕は…」
Screenshot-218.jpg
「行ったんだろ?」
「ぼ、僕は行って…行って…」



「そ、そんな派手なベットがある所へなんか行ってましぇん!不愉快だ!失礼します!」
「ぶは!」
Screenshot-222.jpg
Screenshot-224.jpg
「ぷぷっ……しぇんだってよ、しぇん…」



「益々相手の女、見てみてーよな…。どんな女だよ?」
Screenshot-228.jpg
Screenshot-232.jpg
「ビ~~ン~~ゴ!」


ゾク…


「いま一瞬…寒気が…」
Screenshot-226.jpg
「気のせい…?」





続き、第46話へ 「通り過ぎる過去」
二度目の恋…タイトル一覧は 「こちら」   
ストーリー別一覧は       「こちら」

コメントの投稿

Secre

No title

ちょ!?え!!!???
まことんさんですか!?


エエエエえええええええええええええええええええ(´;ω;`)
復活されたんですか!?
いきなり閉鎖してたから寂しかったですよおおおおおお?
ちょっとおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

ずーっと閉鎖されていた(プライベートモード?になってた)ので、ちょっとリンクから
外してしまっていたのですが、サイド登録させていただきます><。
もう本当に嬉しい!!!!
ストーリーの方はまた後で読ませていただきますね!
リアルの方でお忙しかったとの事ですが、
ゆっくりとまた楽しませていただければいいので、
リアルの方を大事になさってくださいね^^

わ~本当に嬉しいです^^

No title

ahiruchanetさんへ

うわ~~~!!!!!!久しぶりです!!!!
ど、どうしよう…久しぶりの感動だ…!!!

本当に本当にご無沙汰しておりまして申し訳ありませんでした。
でもまさか昨日、アップしたばかりですぐにコメントを頂けるとは!
しかも、まだみなさんの所へご挨拶もしていなかったので、
ほんとうに嬉しい驚きでした!

そうなんですよ、プライベートで色々とありまして…。
あ、離婚とかではありませんよww
ちょっと田舎の両親が病気になったりしたもんで、ブログどころじゃなかったんですよ。
まだちょっとバタバタしてますが、だいぶ私の気持ちも落ち着いたので、
ようやくブログを再会しようと言う気になりました。

そんでちょうど はてなブログの方もエロで引っかかってしまいまして…。
公開が出来ないようになってしまったんです。
そんでこちらの方に移動しようと思ったわけです。
ahiruchanetさんをはじめ、みなさんの所にご挨拶に行こうとも思っていましたが、
その時両親が相次いで入院とかしてしまって…ww
重なる時は重なるな~と自分でも驚いてしまいました(^^;

私も今週末あたりに、みなさんの所へ行こうと思っておりました。
ブログの方はまだチェックしてる段階ですが、
まあ、それは追々とやって行こうかと思ってます。

でも本当にびっくりでした!
まだ誰にも公開した事を知らせていなかったので、
「うん?コメント?うっそ~~」と思わず喜びの声を上げてしまいました(笑)
初コメント、ありがとうございます!嬉しすぎて踊りたいぐらいww
また少しずつはじめて行こうと思いますので、
これからもよろしくお願いしますね!

追伸 
週末にはそちらにお邪魔させていただきます!

No title

改めてコメントします!
ここへは、足跡から来たんです^^
足跡とかそういうのを調べるページを使用してて、
見たことないブログURLだったので覗いてみたらまさかの・・・
まことんさんで私もビックリしましたよ~~~!

お話ですが、亮さんの辛さ、ひしひしと伝わってきました;;
辛いよね~悲しいよね~
何か理由があってしたことだって思いたいけど、
結局、最悪のシナリオにたどり着いて、1人ガクリと・・・うわーん
このみの気持ちも知ってるから何だかモヤモヤするよー;;
このみも電話鳴る度に期待しちゃって、
そんなはずないのにって落胆して・・・はぁぁぁもう何とか何とか
幸せになってほしい><

リンダたちは相変わらずwww
ジーン、ちょっと幸せすぎて色々おかしくなってるよおおおwwww
後ろじゃない!そこ疑ったらアウトじゃああwww
リンダビックりしてキレるぞwww
そんなボケボケなジーンも可愛らしいですがねw

ゴルゴもね~流されやすいから
沙織の行動止められず、2人に振り回されてますねw
沙織もヤキモチ焼いて何だか可愛い^^
鈴ちんとゴルゴの会話は面白かったw
させ子で笑ってるけど、ゴルゴさん、会ってるよー!
君、知ってるよー!!wwww

そして、ご両親の入院が重なったとの事で
それは大変でしたね。
早くよくなるように、私も祈っております!
ゆっくり、まことんさんのペースでやっていってくださいね!

豊作って誰ww

最近履歴に残ってる豊作(弟)さんて、まこさん?
違う人かな?^^;はっ!!そういや庭行ったら田吾作の弟とか書いて・・・・

いや~お久しぶりです!
また読めるなんて、すっごく嬉しいですよ~~!!
しかも今回すんごいですね!!まこさんの魅力全開って感じwww
もう、テーブルに顔がべったりするほど笑い通しでしたwwww
すんごく苦しいですw腹筋返してww(ネコさん風)

ジーンwwすんごい笑えるwww
オレンジ荘見てからもうかなり経ってるのに、みんな変わってなくてすっごく面白かったですw
そして懐かしかったwww
俺もたまには過去のメンツで遊ぼうと思いましたw

ゴルゴ、何しに来たん?(笑)
久々にローリーとゴルゴのやり取りとか見れるかと思ったけど、
まさかの鈴之介現れ、沙織さんもおかしくて・・・・
そうだそうだ、させ子とデートしてたんだっけ?そんでラブホ行って・・・
とか思い出しながら、読んでたよw
沙織さん、ちょ~コワイwwwすっと喋ってるし、ゴルゴが喋ると叩かれるしw
もうすんごく面白かったwwwおかげで頭イタイwwww笑い過ぎてww

またコレを味わえると思うとすっごく嬉しいです!!
こちらでも、またよろしくお願いします!!

まこさん、復活できる程元気?になってきてくれて良かったです。
ごめん、なんて言えばいいか・・・・失礼な言い方だったらすみません^^;
俺の親父ね、また入院したよ。今度は痔で・・・・(汗)アホだね・・・
結局そういうの重なって抗がん剤やってないんだけどさ・・・・
でも前ほどぐだぐだ言わなくなったので、俺の精神も安定してきました(え)
まこさんの所も早くよくなって欲しいですねwwそれではw

No title

ahiruchanetさんへ

ふたたびありがとうございます!!
なるほど、足跡からだったんですね。
どうもそう言う事にはうとくてですね…ただただ驚いていたんですよ(笑)
でも嬉しい驚きでした。おかげで元気が出てしまって、
お昼をモリモリ食べちゃって…wwww

さて物語なんですが、亮はかなりズシ~ンときちゃってますよね。
まあ無理もないかな…あれはあまりにも突然過ぎましたもの。
答えは分かってるのに、どうしても考えずにいられないと言うような事は、
私にもあります。とてもつらい状況ですね。
そしてこのみも暗い暗いドン底に真っ逆さまに落ちてしまいました。
こうなる事は分かっていたのに、ああするしかなかった彼女の立場もつらいものがあります。
でも悲しいかな…これから先、意地悪な私のおかげで
このみにはまだまだつらい事がたくさん待っています。
二人が幸せになるのはもうちょっと先のようです…ww

今回は懐かしいオレンジ荘のメンバーを登場させました。
ジーン…バカですよね…(笑)
おかしいしバカだし、どうしよう(笑)
きっと幸せ過ぎて頭がおかしくなったんだと言う事にしちゃって下さいww

そして沙織なんですが、彼女、強くなりましたよ~~
失恋を乗り越えて一皮むけたのかな?むけ過ぎっちゅ~話もあるけども…w
でも沙織はあれぐらい強くなった方がいいですよね!
ただ受け身で人生を過ごしてたらもったいない!そう、あれぐらいでちょうどいいです^^

ゴルゴは半袖でゾクっとしたのか、させ子でゾクっとしたのか(笑)
いや、後者だな…。しかしいったいゴルゴは何しに来たんだか…
中々うまくローリーを捕まえられません。
いったいいつになったらローリーを捕まえられるのか…。なるべく早くします、はい(笑)

両親の事で心配、ありがとうございます!
何分、年なので、いつかはこうなるとは思っていましたが、
いざ突然やってくると、どうしたらいいのか分からなくなってしまい、
オロオロしてしまいましたw
でも時間とともに落ち着いて考えられるようになり、今ではやっと元気になって来ました。
どうもありがとうございます。
はい、私のペースで頑張っていきます!
こんな私ですが、改めて、これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m

コメント、本当に嬉しかったです!!
これから寒くなってきますが、どうか風邪などひかぬよう、気をつけて下さいね!

No title

豊作は田吾作の弟じゃ~~!

けーくん!コメではお久~~~!!!!
アップしたばかりなのによく分かったね~~
今週末にでもみんなの所へ回るつもりでいたんですよ!
どうもどうもありがとうね。本当に感謝です!

やっとやっと再開する事が出来ました。
休んでた時間があまりにも長くて、今回の記事を作るのには、
かなり時間がかかってしまいました。
公開のボタンを押す時も、懐かしい緊張を感じて思わずゴックンと…(笑)
でもなんとか無事に再開できて何よりです。
まだチェックが残ってるんですが、それは時間がある時にゆっくりとやろうと思っています。

おお~笑っていただけましたか!!えがった~~(腹筋、返さない(笑))
ジーン、あれ、どうする?バカ過ぎですよね(笑)
と言うか、通常(前)に戻れるのかどうかがジーンの心配の種のようですよ。
だから…何を言ってるんだ…私!ww
クルーもあれだけの登場でしたwwww
まあ、そのうちクルーと稲子の物語の時にはちゃんと主役をやらせますからね!
今回はあれで我慢してもらいましょう。

ゴルゴね…何って…パンケーキを食いに来ただけ?(え?)
でもあの状況はただ単にそれだけって感じw
沙織の気迫に押されてビビってますよね(笑)
そう、沙織、こっわ~~
女はね、けーくん。嫉妬が入ると怖いのよ…おほほほほ
沙織も自分でもどうしてあんなに鈴之介に対して攻撃的なのか、
まだ分かってないようだけど、でも気づくのはもうすぐかな?
嫉妬は恋の始まり……ですよね!
ということは沙織は二度目の恋の始まり、かな?
次こそは恋が実りますように…♪

本当にやっと元気になりました。
けーくんにも色々と心配をかけましたね。
って…お父さんが入院!?で、でも痔!えがった~
痔も大変だと思うけど、でも痔でよかったね、うんうん。
でも抗がん剤をやってない事は心配ですよね。そう、重なるんですよね…なぜか…
ちょうどうちと同じ時期だったから、心配してました。
うちの母は先週、手術が無事に終わりました。
だけどこれからまだ、それこそ抗がん剤が待っています…w
つらそうだけど、頑張ってもらわないと…。
おたがい、早くよくなって欲しいね…ほんと…。身がもたんわ…w

でも私もかなり落ち着いてきたので、ブログもやっていけそうです。
こんな風にコメントで話して、やっぱいいな~
ブログの素晴らしさを実感しちゃうよ、ほんとうに。

けーくんの所にも週末にお邪魔しようと思ってますので^^
コメント、本当にありがとね、嬉しかったです。
またこれからも末永くよろしくお願いします!

追伸 ちなみに、田吾作の兄もいます…。と言うか、作りました…。
そのうち庭にお邪魔するかも知れませんww

No title

復活おめでとう~!

ただ何か一言書きたくて来た(笑)

久しぶりだからさ…
書く前に【まことんさん、こんばんわー】って書いてたなって思い出してたら
なんか…すごい笑ってた(笑)

とりあえず1話から全部読んでくるよ!!!

あれ?もしやオレンジ荘まで復活完了してる…?
もう…完全徹夜決定じゃないか♪(*゜∀゜*)

復活おめでとうございます



復活ときいてあらぶり興奮で夜も眠れなさそうです(おいw
まこさんおめでとうございます、本当うれしいです^^

最近は私の方は放置気味でございますが・・・
ここにはニヤニヤしながらやってまいりますので今後もよろしくお願いいたします///

そして今回もひとり笑ってみておりましたw
ジーン達の会話や沙織さんの言動wwwもう嬉しくて楽しくて
あぁ・・・鈴さんすき///(えw


また一から読み直して滾る思いを叫ぼうとおもいます///
短いですが、本当おめでとうございます
またたくさん遊びにきます///

No title

さっちゃんですv('ω')ノv
わおおおんwwっ!!復活オメデトウ!!!今日は祭りじゃ!!
おおおオードブル買って来よ…いそいそ
しかし無事にサイト再開が出来て嬉しく思っておりますv( *´艸`)v

最新話もチラチラ読みつつ先にマコさんと喋りたかったんだーいv///
唐沢が再登場すると聞いてはいましたが
こいつwwwなんという役どころww違うよジーン真に受けちゃダメだよww
この人医者どころか今はただの唐沢だからwww(いつもは何なんだよ)


ああ荒ぶる気持ちの中、また1話から読んできます(*'▽')v
とにもかくにも!復活オメデトウー!!!!☆彡


ぎゃあああ〜!
きたー!!!

もう(/ _ ; )私待ってましたよ!
首をながぁぁぁあくして!
嬉しいデス(((o(*゚▽゚*)o)))

まずね、ふいたのが、ジーンとリンダの部屋(笑)
え、ラブホ?ここ!違うよね?!
ってツッコんじゃいました!
まさか、リンダじゃなくてジーンの好みだったりして…www♪(´ε` )
だってジーンってば、自分で言ってた通りにエロいし、それをひたすら貫いてくれますよね(笑)

てかクルーw
久しぶりの出番がこれだなんて(°_°)
後ろ掘れってww
あぁもうおっかしいww
旦那の前でグフグフ笑ってたら怪しまれましたよ(笑)
あ、旦那元気ですよ〜(え、聞いてないですって?!(´・_・`)

沙織、めちゃ口悪くなってて面白さ倍増してますよね。でも沙織を見てるとすごいわかるわぁ〜って思いました。
なんか、自分もそゆとこあるわぁって気付いちゃって(笑)
てか、鈴チン、実際ラブホには行ったんだもんね。ナニはほら無理だったけど。でも、させ子とラブホに行ったんは事実だもん。
沙織…(笑)そりゃあ怒るよー(°_°)
でも、早く2人とも自分の気持ちに素直になって、認め合ってほしいな☆

それはそうと!ゴルゴってば(笑)
なんで沙織の部屋で罰ゲーム受けてるのーっ!!ww
しかも話は聞いてもらえないし完全にヤキモチの発散?させられちゃってさwww
ゴルゴよ、愛しのローリーにはいつ会えるんだろうwww
涙出る程この人好きやわぁ(笑)


鈴ちんとのマフラーのやり取りがゴルゴらしくて好きです(笑)


まこさん〜本当に、ブログ再開おめでとうございます&、また私に楽しみを与えてくれて、改めてありがとうございます(`_´)ゞ←敬礼

亮とこのみの2人の行く末も本気で楽しみやぁー!!!

No title

たま麻呂さんへ

たま麻呂さん、こんにちわ~~~♪って……
ぷぷぷぷぷーーーー!懐かし~~~!
しかもしかも何「さん」なんて言っちゃってんの~?
私もおかしいやら懐かしいやらで顔がニヤけちゃいまんがな~~

どもども、ようやくブログを公開する事が出来ました。
それもこれもすべて たまちゃんのおかげだよ!
最初、はてなが公開出来なくなって、頭が真っ白になって、
そんで移動ってなって……親が入院して…www
は~長かった…。
たまちゃんには移動作業を色々と手伝ってもらって、ありがたかったよ。
たまちゃんがいなかったから絶対に無理だったわ。
だって最初から、一番肝心のBGMでまず引っかかったしね(笑)
でもよかった。これで私もひと安心さ。

まだチェックが色々と残ってはいるんだけどね。
だからところどころ変なところがあっても、スルーしててくれ。
そのうち直すからね(ほんとか?)

一話から読むんかい!そ、それは時間がかかるぞぉ~~
まあでもオレンジ荘に比べればればそうでもないか。
寝不足にならないようにねww でも嬉しいです、ありがとうm(_ _)m

あ、オレンジ荘はまだなんよ。これからゆっくりやって行こうと思ってます。
まずはブログのチェックと、
それが終わったら皆さんの所にご挨拶に行こうと思ってます。
たまちゃんの所にも遊びにいくよ~~!

本当に本当にお陰さまで…なんとかここまで漕ぎ着けたよ。
ありがたいや~~
改めて、感謝してます。どうもありがとうね!

こくいさんへ

コクイさんへ

おおお~~さっそくのご来店、ありがとうございます!
って店じゃねーしwww
いや~~こくいちゃんと又コメントで話せるなんて感激ですよ~~
なんかこう…ちょっぴり照れくさいような気がしますね(笑)
でもでも、こう言う間隔は久しぶりで、なんか凄くテンションが上がります!
それにしてもほんとうに長い間、放置しておりました。
自分でもちゃんと戻れるのか?と不安になったぐらいです。
だけど庭でみんなには会えてたので、それだけが心の支えでした。
これがもし、なんの交流のやり場もなかったら、
気後れしてしまって、きっともっと公開が遅れていたはずです。
本当にずっと待っててくれてありがとうね。感謝感激です!

あ、そういえばこくいちゃんも放置気味とか?(笑)
まあ、おたがいゆっくりやっていけばいいですよね!
自分のペースで慌てず、のんびりとですよ(^O^)
ニヤニヤ?ひひひひひ……こくいちゃんのニヤニヤが目に見えるようww
もちろん、ニヤニヤしながらやって来てくださいよ!
私もニヤニヤしながら待っていますから(笑)
こちらこそ、これからも末永~~く、よろしくお願いしますね!!

そして物語の方なんですが、ジーン、相変わらずバカですww
スケベだわバカだわ、なんていい男なんでしょう!
う~ん…ますます変態になって私好みだ(え?
沙織も変わりましたよね。
ゴルゴも鈴之介も思いっきり押されっぱなしでした。
でも時にはあんな風に自分の感情をぶつける方が人間らしいですよね。
礼儀正しくて、おとなしかった自分から脱皮する時がやってきたんですよね。
そう、今の沙織は、前の沙織よりも何倍も魅力があるはず。
きっと次の恋は必ず実るでしょうね♪

それに比べ鈴www
鈴之介…しろ目むいてる場合じゃないよ!
普段真面目な鈴之介も、自分に都合が悪い事になるとトボけるんですね~(笑)
なんか鈴之介もちょっとずつ人間らしくなって来ましたね。
もしかしたら、貴重な経験をさせてもらったさせ子のおかげかも?
ふふふ……これから先、沙織と鈴の恋の行方を見守って下さいね。

おお~また一から読んでくれるんですか!!!
たまちゃんにも言いましたが、寝不足になりますよ~~~
でも嬉し~~~(笑)どうか鈴のようにしろ目にならないようにね(笑)

ほんとうにコメント、どうもありがとうございました。
またこうして、ブログでお喋り出来るなんて、夢のようです。
改めて、これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

SACHICOさんへ

さっちゃん!いらっしゃい いらっしゃ~~い!
お待ちしておりました、じゃなくて、お待たせしてしまいましたww
あ~んやっと復活出来たよ~~~(;_;)

え?昨日はオードブル買ってきたの?
ちょっと~私も呼んでよ~~酒をいっぱい買って行ったのに~!
次こそは絶対に行くわ!もちろん、焼酎とか焼酎とか焼酎を持って!
ああ、いいのいいの、さっちゃが飲めないのは分かってまんがな~
だからさっちゃんの分まで私が…てへへへへ

こう言うやりとりも久しぶりで嬉し過ぎます、ほんとうに(笑)
そしてこうやってすぐにコメントを書いてくれて、
私ってすっごい幸せもんだな~と、つくづく思ってるんですよ。
だってこんな事、めったいにないですよね~!
それもこれも、さっちゃんを始め、みんなが根気よく待っててくれたおかげです。
どうもありがとうね…(TT)

さて、ようやく最新話も出来上がり、公開まで漕ぎ着けたんですが、
久しぶりに物語を作ったせいか、こんない難しかったっけ?と、思いましたよ。
写真の撮り方もうまくいかなくて、前に作ってたより数倍は時間がかかったような気がします。
しかも今回はジーンやクルーも登場させたもんだからワールドを切り替えなきゃならなくて尚更でしたww

クルー…そう、あれはもうただの唐沢(笑)
え?いつも?いつもはね、スケベなおっさんwwww
クルーが夜、稲子をどうやって可愛がってるのか目に浮かびません?
ぎゃ~~昼間から何を言っておるんじゃ~おらは~~

んでジーンのカテゴリーもクルーと同じっぽいですよね。
もはやスケベでバカなおっさん(笑)
しかし二人共、幸せ過ぎるんじゃないの~~?
クールさがまったくないしw
だけど結婚すればそんなもんかも知れませんねww
あの、のほほんとしてるのが幸せなんですね、きっと♪

お!さっちゃんも一話から~~~!!!
こりゃ毎晩寝不足じゃ!気~つけなはれや~~
と、言いつつ、つい嬉しくてニヤついてしまう私wwいひひ
ありがとうございます、こんなに気分がいい日は久しぶりです!
ほんと…公開してえがった…(TT)

私もさっちゃんの所にいきますよ♪
あ、そだ。オードブル買って来なきゃ…いそいそ…
ついでに焼酎とビールも…いそいそ…
イカをつまみに焼酎を飲みながら、秋の夜長に物語を読む…う~ん幸せじゃ…
これ、今夜マジでやるから(笑)

でもみんなの所に遊びにいける余裕もやっと出来て、ほんとによかったです。
気持ちもひと段落しました。
だって両親の病気は心配だけど、いつまでも泣いてらんないしね。
大丈夫、一番最悪な状況は脱出したと思うから、後は登るだけ。
そう信じて、これからは自分の時間をもうちょっと有意義な事に使いたいと思います。
だからオードブル買ってこなきゃ(笑)
今夜は酒を持参で、さっちゃんのところへお邪魔しますよ~~!!!

何度も何度もありがとうと、しつこいけど、もういっかい、
ほんとうにコメント、ありがとうね。嬉しかったです。
ああ、何回ありがとうと言っても言い足りないよww
それぐらい、嬉しかったんですよ!
どうかどうか、
これからもず~っとよろしくお願いします!(>_<)

ネコさんへ

ネコちゃん!ついにオープンしたよ~!!!!
待たせたてすまんね~~ほんとうに(T_T;)
ああ…ネコちゃんの首を伸ばし過ぎてしまった…
でもこれでようやく、ようやくそれもストップじゃ~~~!!
私も嬉しいよ、こうしてネコちゃんと話せて…うんうん(涙)

しかもね、つい2、3日前に公開したんだけども、
まだ誰にも公開した事を知らせてなかったのよ!
それなのにすぐにコメントが入ったりしてさ…もう感激で感激で…
ネコちゃんもこうしてすぐにコメントくれて…
わたしゃ~もう嬉しすぎて天にも登りそうよwww
こんなに嬉しい事ってあるんだね。
人生って楽し~~って実感しちゃった私です(笑)

今回はジーン達も登場しましたよ!
あの部屋ね…はっきり言って趣味悪…wwww
うん、どうみてもラブ○wwww
あの部屋はね、実はジーンのお母さんの好みなんです(笑)
早く孫を!!!!という切なる思いをあのベットに込めましたww
そこらへんの話はいつかジーンとリンダのその後という事で、
番外編でやりたいと思っています。(いつになる事やら…)

クルーもあれだけの登場っすよ(笑)
後ろ惚れ惚れ!
今回は実はね、タイトルに凄く悩んだんですよ。
で、何度も物語を読み直して、そうだ、空回りだなと思ってあのタイトルにしたんです。
ゴルゴもローリーに会えなくて空回り。
沙織と鈴之介も微妙に気持ちが空回りって言うか、ズレてるって言うか。
もう少し早く沙織が今のような気持ちになってくれれば…う~ん、やはり空回りしてるな…
そしてもちろん、このみと亮も。
んで一番思ったのがジーンとクルー(笑)
と言うか、これでタイトルが決まったって感じでした(笑)
いったい誰が主役なんだ?と言うのはスルーでお願いねwww

沙織は面白くて段々と味が出てきましたよね~
ネコちゃんの言うように、私にもあります、ああいう事。
もちろん過去の話だけどwww
なんていうか、自分でもどうしようもないぐらいイライラしちゃって、
つい攻撃的になっちゃうの。
それは嫉妬心から来てるんだけど、それを自分でも分かってるんだか、
分かってないんだか。もうとにかく苛めたくてしょうがなくなるの。
沙織のように、あそこまではっきりとじゃなくてジワジワ苛めたくなる(笑)
そっちのが怖いよねwww

そう、沙織はいま、イライラを通り越して爆発寸前です。
そりゃ~そうだ。ネコちゃんの言うように、行った事は確かなんだもんね。
しかも二人で仲良さそうにクスクス笑い合ってたのも見てるし。
ましてや一度は自分から振った相手なもんだから、尚更ジレンマ。
あんな風に口が悪くなってもおかしくないですよね(笑)
ああ…いつになったら二人におだやかな風が吹くのか…。
私も早く気持ちを認め合って素直になって欲しいと思っています。
って…お前が言うなーーーーーって感じですよね(笑)
はい…すんません…なるべく早く二人を…ゴニョ…ww

ゴルゴね(笑)
あの状況は罰ゲームのなにものでもないww
鈴之介にマフラーを貸してもらえないわ、
沙織なんてゴルゴの話はほとんど聞いちゃいねーしw
愛しのローリーと会えるのはもうちょっとです…
その前にちょっと変な人たちが登場する予定ですので…いひひ

ネコちゃん、すぐにコメントをくれてありがとうね。
ほんとならネコちゃんや他の方達のブログにちゃんとアドレスを教えに行くのが筋なんだけど、
順番がズレちゃってww
今週末に行こうと思ってたんですよ。あ、もちろん行きますよ♪
今週は三連休なので、ゆっくりとみなさんのブログを見たいと思ってます(^^

だけどこうして喋るのは楽しいね~
今日はずっと時間も忘れてコメントを読んだり、書いたりしてるの。
もちろん仕事中に(笑)おかげで時間が過ぎるのが早いわ!
あっと言う間に今日の仕事が終わりそうです(仕事してないけどww)

ということで、週末に改めてご挨拶に行きますが、
今後共、末永くよろしくお願いしますねm(_ _)m
コメント、久しぶりにドキドキしながら見ました!嬉しかったです!
ほんとうにありがとうございました!!

おかえりなさい!!

まことんさん、ご無沙汰しています!
こんばんは、お久しぶりで忘れられているかもしれないタママです。
まるでストーカーのようにまことんさんの復活を待っていたので、
新しいページが公開されて本当にとても嬉しいです><
色々なリアル事情などでお忙しかったようですが、
のんびりマイペースでも良いのでまたお話を読ませてくださいね~

ウチはもうずっとほとんど訪問者もない過疎サイト状態なんですけど、
一応検索ワードみたいなのがわかるサービスを利用しているんですね。
で、その上位検索ワードの1つがオレンジ荘なんです。
いかに皆さんが待ちわびているか、すごく伝わってきました。

まだシムズを知らなかった(というより知ったばかり?)頃に
こちらの展開を目を輝かせて読んでいたのが昨日のことのようです。
私も一応シムズブログを続けてはいますが、完全に迷走しちゃってて;
でもまことんさんが本当に戻ってきてくださって、
何だか元気が出たような気がしています♪

それから移転お疲れさまでした~
データ量が多いので大変だったのでは・・・
私はずっとFC2の足跡設定を残すにしたままなので
頻繁にそちらの足跡欄に残ってウザイかもしれませんが、
これからも楽しく拝見させていただくので
どうぞこれからもヨロシクお願いしますデス!

長々とすみません、今回はひとまずご挨拶とお祝いまで☆

No title

こんにちは、お久しぶりです

前回のお話で、沢山の方々がコメントしていらしたので
その回のコメントを差し控えていた矢先、閉鎖というお知らせで、後悔しておりました;
それ以来、以前のはてブのRSSを維持して、ちょくちょく確認をしておりましたら
新ブログ開設のお知らせが・・・っ 更に新話有り!
という事でして、楽しみにしておりましたので、とても嬉しいですw
おかえりなさいませ、早速リンクやRSSのアドレスを変更致します

間があいていたので、前回から読み直しましたところ、全てが蘇りましたw
そうだった、このみの究極の決断の時だった・・・と
しかも季節投入の為、更にドーーーンと・・・
よもやヴィヴァルディ四季の冬の終楽章そのまんまの描写で更に倍ドーーン・・・
しかし、傷心で帰宅した亮さんのつぶやき(あまりにも突然過ぎるとの部分)に、
一筋の光明を見たような気がしました
亮さんならきっと気がつく筈!とw
あれだけ このみをガン見していた彼ならば、このみの ふとした不自然さなどに、どれだけ月日が掛かっても、きっと気付いてくれると期待してしまいます

で、沙織嬢・・・お怒りでしたねw
分かり易い嫉妬+嫉妬させよう感がひしひしと・・・w
まあ案の定、眉ゴルゴは気付かないわけですが・・・('A`)抜いたろか
鈴氏は・・・逃げるとか・・・その後ろ髪引っ張ったろか

しかしまあ、こうなりますと、読者としましての怒りの矛先は、当然アバズ麗華へ向くわけでして・・・。
ああ・・沙織とか鈴とかのセレブがコテンパンにしてくれないかなあ・・・とか
おかしな妄想までしてしまう始末・・・;
しかしそのアバズ麗華の提案(悪巧み)で、ルビーちゃんが助かるのも事実で・・・
物凄いジレンマですね。
例えばこのような部分で、このみの感情とシンクロします。

そんな中、お気楽ジーン夫妻・唐沢夫妻の登場は、重くなった気持ちのオアシスでしたw
相変わらずのハート部屋に、相変わらずのジーンのイジられようw
そして相変わらずの稲子ラブw愛犬も加わってw




読者というのは、得てして我儘ですので、早く続きが読みたいですww
フル我儘を発揮してます、すみません・・・
お久しぶりの再会ないし再開で、テンションが上がってしまいましたw
おかえりなさいませ、次の更新を楽しみに待っています!

まこさん、復活おめでとうございます。
久々にsachicoさんのブログに遊びに行ったら、まこさんのブログ復活のニュースが書かれてあったので、飛んできましたっ.。.:*♡
出遅れてしまいましたが…
まこさんも、色々と大変だったのですね。お身体大丈夫ですか?
でも、また復活されて、まこさんのブログのお邪魔できると思うと嬉しいし楽しみですー(*˘︶˘*).。.:*♡

私も、またゆっくり読み返してきます!でも、久々のゴルゴと鈴之助の絡みといい、楽しかったですー
次も楽しみにしてますっ.。.:*♡
ひとまず、復活おめでとうございます。

タママさんへ

ご無沙汰しております!!!!!
忘れてなんかいませんよ!ちゃんと覚えております!
私の方こそ、なんのご挨拶もなく、
突然ぷっつりと音沙汰なしになってしまって申し訳ありませんでした。
それなのに復活も待ってくれていたなんて…
こんな嬉しいストーカーはないです!(涙)ありがとうございます。

本当にリアルで大打撃をくらいまして、心身ともに、
何も手につかない状態でした。
しかもハテナブログの方でもエロが引っかかってしまい、
公開も出来なくなっちゃって…
しかし、あの時は相当慌てましたね。
ええええ~どうしようどうしよう…ってそればっかりでww

で、このFC2ブログさんのところは使いやすそうでしたし、
エロもうるさくなさそうだしww
という事でここに決めました。
でも決めたのはいいや…そのまま放置してたんですけどね…結局…すんませんw

そんな状態が約一年近く続いておりましたが、
なんとか最近になって、又ブログを始めよう、物語を作りたい!
と切に思うようになってきまして、やっと心も体も動き出すようになりました。
そしてお陰さまでなんとか復活する事ができましたので、
今はホッとしております。

タママさんのところで、オレンジ荘と言うキーワードが上位に来てるんですか!
それはなんと嬉しい事でしょう。
そういう話を聞くとやる気がでますね!
よ~しやるぞぉ~~って気合がみなぎってくるようです。
こんな風にさせてくれる事を話してくれてありがとうございます。
元気をもらったのは私の方ですよ(TT)

移転作業なんですが、実はオレンジ荘はこれからなんですww
なんせ170話もあるもんですから、週に三話移転するとして~
ひ~ふ~み~ざっと半年以上はかかりますね、きっと(笑)
でももう少し早く移転出来るよう、がんばります!

足跡はまったくウザくありません。
むしろ喜びです。「お!見に来てくれてる!ひひ…」
と、ほくそ笑む事ができますので(笑)

本来ならこちらからご挨拶にお伺いしなければなりませんのに、
わざわざお言葉をいただき、ありがとうございました。
これからまたのんびりとブログをやって行こうと思いますので、
ブログ仲間として、そして友達として、どうぞよろしくお願い致します!

Eugeneさんへ

Eugeneさん、こんにちわ!
ほんっとうにお久しぶりでした…
あのこのみと亮の冬の空での別れ以来、そのまま閉鎖と言いますか、
放置と言いますか、そんな状態で私もかなり気になっておりました。
あの後すぐに移動はしようとは思っていたんですが、
ちょうど同じ頃、両親が相次いて倒れ、
にっちもさっちも行かなくなってしまい、
どんどん時間だけが過ぎて行ってしまいました。

そしてやっとここの所、落ち着いてきて現実を受け入れられるようになって来ました。
しかしあれですね、両親が二人も一気に同じ時期に倒れるなんて、
夫婦仲がいいのもたいがいにして欲しいものですね(笑)
こっちは生きた心地がしませんでしたww
いずれそう言う時がやってくるだろうとは、心のどこかでは分かっていましたが、
いざと言う時はダメでした。ただオロオロしているばかりで。

ですが幸い、父の方は今すぐにどうと言う事はないようです。
母も手術が終わり、とりあえずひと段落はしました。
とは言いましても、母はまだこれから闘病生活が待っています。
もう年なので、おだやかな老後を過ごして欲しいと思っておりましたが、
中々うまく行かないですね…w
でも実の姉が看病のために実家の北海道にしばらく行ってくれていますので、
少しは安心しております。
両親の状況もちくいち電話で確認できるので、精神的に楽になりました。

とまあ、そんな訳で、お陰さまでブログを再開する事が出来ました。
久しぶりに物語を作ったら初心に帰ったようになり、
何度も何度も物語を読んでは訂正…と、時間がかかってしまい、大変でした。
ですが出来上がった時の充実感はやはりいいもんですね。
戻ってこれてよかった…と、実感しております。

さて、物語なんですが、ええ、亮はあのままでは終わりませんよね。
必ずいつか本当の意図に気づいてくれると…私もそう思っています。
でも亮ってあんなにカッコイイのに何故か振られてばかり…(笑)
しかも生まれてからリンダとこのみ。この二人しか真剣に愛した事がないのに、
その二人にこっぱみじんに捨てられるって…。
普通なら女性不信に陥りそう…www 
もしかしたらこの先、亮らしくない態度をとってしまうかも知れません…。

そしてゴルゴと沙織と鈴。
ゴルゴは沙織の嫉妬の渦の中に引きずり込まれてしまってますね(笑)
Eugeneさんがおっしゃるように、気づいてないけどww
鈴もあれじゃ~まだまだダメだ。だってトボけて逃げてるもんねw
そんな事じゃ沙織は捕まえられないよ!
と、後ろ髪をひっぱり、そして鼻の穴に指を突っ込んで喝をいれてやってください(笑)

麗華の出番もそろそろやってきます。
展開はアバズ麗華の思い通りになっていますから、
そろそろニヤリと悪魔のように微笑みながら登場してもらわないと困ります。
でもそうなるとたぶん…もっとジレンマになるかも知れません…。

そしてそして今回はジーンやクルーも登場させちゃいました。
私自身、作りながら懐かしくって、ほっこりしちゃいましたよ。
ああ、オレンジ荘の時を思い出すな~と、ジーンをいじっておりました(笑)
またそのうち、違う形で登場させるかもしれせんよ^^

続きは今度は早めにアップしたいと思っております。
実はセリフなどはもう、出来ているんですよ。あとは撮影だけです。
続きが読みたいなんて、そんな嬉しい褒め言葉はありせん。
それがあるから作ってて楽しいし、テンション上がるし、
幸せな気分になるんです。言葉の活力剤ですね(笑)

ずいぶんと長くなってしまいましたww
色々と話してたらついこんなになってしまってた!
また、これからちょこちょこ物語を作っていこうと思っております。
こんな私ですが、これからもどうぞよろしくお願い到します。
コメント、本当に嬉しかったです!どうもありがとうございました!!

まみこさんへ

まみこさん、こんにちわ~♪
どうもどうも、色々とご心配をおかけしましたm(_ _)m
さすがに私も長すぎたな…と、後悔していました。
でもやっとなんとか形にする事ができて一安心しております。

それもこれも、そうなんですよ…さっちゃんやたまちゃんが、
このブログの事をご自分の大切なブログにわざわざ記事にして下さったおかげなんです。
彼女達の小粋な配慮に、感謝と同時に、感動を覚えます。
そしてこうやってすぐにコメントを下さったまみちゃんにも、感謝しています。
どうもありがとうね、まみちゃん。

実際、こんなにすぐにコメントを下さるとは思いもよりませんでした。
だって一年ですよ?
一年もずっと放置してたのに…なんて優しい人達なんだ!
ああ…どうやってお礼を言ったらいいのか、言葉では言い表せません。
でも、このブログをゆっくりとでもいいから続けて行く事が
感謝のしるしだと思ってこれからまた物語を書いて行こうと思っております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

そして相変わらずゴルゴや鈴之介はあんな感じです(笑)
あの二人、何げに仲がいいですよね。
性格はまったく違うのに、
ほんとうはとてもいい友達になりつつあるんじゃないかと思っています。
まあ、させ子と言う繋がりもありますもんね(笑)

いつかね、ここだけの話、物語であの三人を合わせようと思ってるんですよ。
もちろん、そこには沙織やローリーもいる…という設定で。
さて、あの二人はどういう反応をするでしょうか。
作る方も楽しみでなりませんww

さあ、やっとブログも再開した事ですし、私もシムズを動かして、
物語を作らなくちゃ!
なんかね、一番最初にブログを作った時のように、
ドキドキワクワクしてる自分がいるんですよ。
いや、いつもドキドキワクワクしてなかったって事ではないんですが、
久しぶりなので、初心に帰った。という感じです。
それにこんな風にみなさんからコメントを頂いて、勇気がわきました。
あんまりにも長いあいだアップしてなかったので、
多少、ビビってたところがあるので(笑)

でもまみちゃんを始め、
みなさんから暖かいお言葉をもらえたせいで、スンナリといけました。
改めて、ほんとうにありがとうございました!
これからどうぞ末永くよろしくお願い致します!

見つけたぁぁ!!!

まことんさん

うわぁ!!!
何気なく前サイトをみたら・・・
更新されているじゃないですか!!!
慌ててブックマークしました。

この日を待っていましたよー。
もう嬉しすぎて感動しながら読みました。
いい機会だし(?)もう少しで落ち着きそうなんで、最初から読んでみようと思います♪

にしても!!!
このみと亮さん、切なすぎる・・・
ゴルゴもですが。
リアルでついに嫁いだ私は、きゅんきゅん(笑)しちゃいました。
亮さん、このみの真意に気づいてー!と思いながら読まれた方がほとんどなのではと思います。
そして久々登場のリンダとジーン。
ほのぼのしていて、切なくなった心にほっこりとした気持ちを抱かせてくれました。

今後の展開が楽しみです。

では、ブログも庭も改めてよろしくお願いします!!!


PS:
再度メッセージを送ったのですが(二度ほど・・・)届いていましたか?

riokaさんへ

riokaさん、こんばんわ~♪

私こそ、うわ~ですよ(笑)
だってriokaさんと、なんとか庭でお話しようと思ってたんですが、
中々機会がなくて、したら今朝ブログを見たら、コメントがあるじゃないですか!
ああ、間に合わなかった…と、思わず口走ってしまいました(笑)
なんとか庭で先にブログの再開の事をお伝えしたかったんですが、ごめんなさい。
だけどとても嬉しかったです、本当にありがとうございます。

ブックマークしてくれたんですか!
なんちゅ~嬉しい事を!!
しかもこの日を待っていたなんて!
そう言って下さるとね、もう嬉しいを通り越して、感動します。
実はコメント下さる方に何度も同じような事をいってますが、
それしか言いようがないんです、ほんとうに。
だってこんなド素人の物語を、こんなに待っててくれる方がいるなんて、信じられます!?
ああ…なんて言うか…ブログをやっててよかったな~と、
本当に本当に実感する瞬間です。

そして改めて、ご結婚、おめでとうございます!
いや~新婚じゃないですか!ひひひ←なにこの笑い(笑)
結婚したばかりのriokaさんには、この物語よりはるかに本物の甘いロマンスが繰り広げられているというのに、
それでも、きゅんきゅん言って下さるなんて、そんなに嬉しい事はありません。
私は物語を作っていて、実はそこが一番重要だと思っているんですよ。
はい、きゅんきゅん言って欲しいんです。
もちろん、現実のトキメキには到底叶うはずはありませんが、
けれど、この物語を読んでいて、そう言う切ない気持やトキメキを少しでも思いだしてくれて、
甘い気分に浸ってくれたらな~と、いつもそう思いながら作っているんです。
そしてそれは女性に限った事ではなく、男性に対してもそう思ってます。
心のトキメキは女性だけではなく、男性にも必ずあると思いますから、
だから男性にも暇つぶしにでも見ていただいて、
そして少しでも心をドキドキしてくれたら嬉しいなと思います。
ですから、riokaさんのように、きゅんきゅんとか、
そう言って下さるのは、ほんとうに嬉しいし、心が元気になります!

さて物語は今回は久々の旧メンバーを登場させました。
実際に作っていて、とても懐かしくて、私もほっこりとしましたよ^^
そして亮なんですが、彼はこれから、ちょっとだけ自分を見失うかも知れません。
やはり、このみとの別れは彼にとっては大打撃を食らったようで、
しばらくは落ち込みます…はい…ww
ですが、彼なら必ずこのみのほんとうの真意に気づくはず!(ほんとか?ww)
二人の今後がどうなるのか、ぜひ見てくれると嬉しいです!

それからピグの方でもいつおお世話になっております!
そしてメッセージの件なんですが…すんません、あのキャラでは
見られなくなってるんですよ…
いまメッセージとかって、SM認証とかになってるらしく、その認証がなければ見られなくなっているんです。
で、その認証なんですが、実は…田吾作キャラで認証してるんですww
ですから田吾作以外のキャラはメッセージが見られない状態でしてww

それでもしよろしければ、田吾作とピグ友になっていただけませんか?
そしたら田吾作キャラで見られますので!
近々、riokaさんがログインしたのを見つけましたら、
すぐに訪ねていきます!
その時に田吾作も連れていきますので、よろしければ田吾作とピグ友になって下さいm(__)m

次回はなるべく早めにアップしようと思っております。
riokaさんをもっときゅんきゅんさせるべく、がんばりたいと思いまいます!
訪ねてくれて、そしてコメント下さって、本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!!

No title

まとことんさん、お久しぶりです!
すみません、私もすっかりシム浦島太郎状態で・・・
話すっかりわからなくなっちゃいました(汗)
とりあえずゴルゴさん、長袖着なさいよ!w
でも、美しい雪景色ですねぇ。
リアルもすっかり冬になってしまいましたけどね。
私がこの前シムを起動したときは、
猛暑だ猛暑だって騒いでたんですけど(汗)

あっ、うちのタイトル、「フルーツシムズ3 フルーツさんちのシムズ3日記」と
変更になっております。
お暇なときにでも、変更いただけたら嬉しいです<(_ _)>
では、お互いゆっくりやって行きましょうね~。

びすこさんへ

びすこさん、こんにちわ~♪
どうも、お久しぶりです!

私もしばらくは浦島太郎状態でしたよ(笑)
お話の方も私自身、ストーリーを思い出すのに、ん?とかなり怪しい状態でしたので、
まったく気にしないでくださいww

しかし、ほんとうに綺麗ですよね、シムズの雪景色は。
何かい見てもそう思います。
これだもの…PCがお湯を沸かせるぐらい熱くなるはずだw

そしてここんとこ、一気に寒くなりました。
私もつい最近まで、暑いと暑いとビールをかっくらっていたはずなのに、
気が付いたらブーツを履いてましたよ!
なんじゃこの流れの速さは!
と、言ってるうちに、またすぐに来年の夏がやって来るんですよね(笑)
んでシムズ4が出ちゃうwまだシムズ3も把握してないのに、なんてこったw

余談ですが、昨日、13年ぶりぐらいに、昔の飲み仲間と会って飲んだんですよ。
当時、結婚していた友達には小さな子供がいたんですが、
それが今では中学生になったと言っていました。
中学生!?げっ…はやっ…
って言うか、それだけ年取ってるんだ私達…
とみんなで一瞬呆然としてしまいました(笑)
時が過ぎるのは早いもんだな~と改めて実感しました。

リンクのの変更ではお手数をおかけしました!
それから びすこさんのタイトルの変更もしておきます!
タイトルを変更した事、言われるまで気づきませんでした…
すんませんwwとほほ…
こんな私ですが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
わざわざコメントを下さってありがとうございますm(__)m
とても嬉しかったです!

おかえりなさい

おかえりなさい!続きが見れたので、
読む専門でしたが嬉しくてコメント入れちゃいました。

久々にシムズ3起ち上げたので、
ついでにシムズ関係サイト周ってたら
復活でびっくり!
お話の続きが気になってたので嬉しかったです。
旧のとこにブックマークしといてよかった。

主役の二人以外は相変わらず面白い事に・・・・(笑)
あのお嬢様はシムズ2でいう活動力が高いでしたっけ?(思い出せない;)
のかな?相変わらずすっげー強いですね!!!
鈴之介は確実に尻に引かれる!(てか、それ以前に惹かれてるから当然ですか)

主役の二人はどうなるのか、気になります。
別の意味であのお嬢様もすごいですしね。

寒くなってきましたし
無理せず、気分転換程度に更新頑張ってください^^

みおさんへ

みおさん、こんにちわ~

復活早々、コメントをどうもありがとうございます!
私自身も復活出来るかどうか、ちょっと怪しかったんですが、
でもなんとか復活する事ができ、ほっとしています。

今はまだ ちょっとバタバタしていて、本腰をいれるには、
もう少し時間がかかりそうですが、
でも少しずつ更新していこうと思っています。
お気遣い、感謝します、どうもありがとうございます!m(_ _)m

物語の方は、ええ、主役以外は面白い事に(笑)
特にゴルゴww
アイツは何をやってるんだか…
前にも増して、めちゃくちゃ強くなった沙織に押されっぱなし状態で、
しかもまったく内容を把握してないもんだから、
本人はチンプンカンですよね(笑)
微妙な女心を気付けよ!と、思わず言いたくなりますw
まったく鈍感な男じゃ

鈍感と言えば鈴之介もそうです。
あそこまで沙織に嫌味を言われているんだから、
普通の男なら、「この女…俺にホの字だな…」と、気付くと思うのですがね。
まあ、鈴之介じゃ無理か(笑)
と言うか、ゴルゴと鈴之介、あの二人じゃ無理だわ(笑)

それに比べ、主役の二人は幸せな空間から、一気に奈落の底に落ちました。
特に亮は、結婚まで考えた女性から、前の男とヨリを戻す、結婚したい、
なんて言われたのですから、女なんて信じられない、と言う心境でしょう。
リンダに続き、このみにまで振られてしまって、
やぶれかぶれ状態なのは間違いありません。

彼は大人の男だと、普段の彼の行動などから見ると、そう思いがちですが、
でも案外、モロい部分も持っているんです。
そんな彼を、麗華がどんな風に操るのか?
それとも逆に操られるのか?ふふふふふ…←変な笑い、すんません(笑)

次回もなるべく早めにアップする予定ですが、
でも年末で仕事が忙しくなってしまい、その合間を縫って物語を作っていますから、
ちょっと遅くなるかもしれません。
でもそうなんですよ、気分転換は必要なんですよね!
シムズをいじってる時は幸せだし、空想に浸れるし、
おまけに旦那の夕食を作るのを忘れるほど時間を忘れられて没頭できるし(おいおい…)
とてもいいストレス解消になります。
のんびり、楽しんで更新していきます!

久しぶりに復活したのにコメントくれて、
本当にどうもありがとうございます。
ブックマークまでしておいてくれたんですね。
ありがたいです(TT)
これからも、のんびりと更新していきますので、ちょこちょこ覗いてくれたら嬉しいです!

みおさんも風邪などひかぬよう、気をつけてくださいね。
健康で、元気にお過ごし下さい^^

まっっっってた!!!!!

こんにちわ!!
復活されたのですね~~~~~~~~!!嬉しい!!!
ドラマ化はまだですか?←

次の更新も楽しみに待っています!!

わしやで さんへ

わしやで さん、こんにちわ~
というか、わしやで…だけで誰かわかってしまったァーーーーー(爆笑)

どうもどうもお久しぶりです!
ほんとうに久しぶりですよね。
なるべく早く~とか言いながら、こんなに時間がかかってしまいましたww
でもなんとか無事に移動できてホッと一安心です。

でもそう思ったのもつかの間、年末になってバタバタとしてしまって、
続きのアップが遅くなってしまっています。
しかも今、実家の北海道にきてて、シムズもできない状態でして。
お正月が明けたら家に戻りますので、その時に改めてコメントさせていただきます!

本当は向こうに帰ってからゆっくりと…と、思ったのですが、
わしやで…を見た瞬間、いてもたってもいられなくて、姪っ子のPCを借りてコメントを書いてしまった(笑)

寒くなってきましたので、どうぞ風邪などひかぬよう、楽しいお正月をお迎えください。
来年もよい年でありますように。よいお年を!

No title

こんばんわ!
遅くにすみません~
ご挨拶コメントをありがとうございました~!
なんてこった!
ご親戚2人も・・・亡くなったのですね;;
そそそれは、すみませんでした(汗
お辛いでしょうけど・・・人は皆いつかは亡くなってしまいます。
でも、たとえ病気だとしても、きっとたくさんの愛に包まれて
幸せに逝ったんではないでしょうか。
あまりいい言葉見つからず、すみません。

私自身、身内で亡くなった人は幸運にも?まだだれもいなくて
葬式経験がまったくありません。
大事な方を亡くすのは、本当に悲しいだろうなぁ。辛いだろうなぁ。
絶えられないんだろうなぁ・・・なんてビクビクしちゃいます><

でも、受け入れないといけませんね。
言うのは簡単です。
分かってるけど、いざそうなったら、きっと泣きまくるんだろうなぁなんて
思ってるので、まことんさんの気持ちを考えると、なんだか・・・・
お母様も、よくなってくれるといいですね!
祈ってます!元気になるように!!

ストーリーの方は
落ち着いたらでいいと思います。
私、ずっと応援してるので、マイペースにやってってくださいね^^
今年もまことんさんと、こうやってお話できる事に感謝です^^
コメントありがとうございました!
そして、ご冥福をお祈りいたします┏○

No title

あ・・・ごめんなさい;;;;;
さっきのコメント、鍵にしようとしたのに、
忘れてしまいました;;;;;;

ごめんなさい><

ahiruchanetさんへ

ahiruchanetさん、こんにちわ~♪

あ、全然鍵にしなくっても平気ですよ^^
まったく気にしていませんから!

そうなんですよ、一気に二人も…だったんです。
でもahiruchanetさんの言う通り、
うん、ほんと、みんなに囲まれて逝ったから、
幸せだったと思います。
あまり苦しまなかったようだし、その点はよかったな~と思っています。

母も今は体調がいいようで、よくご飯も食べるようになったし、
大丈夫だと思います!
この間も実家に帰った時なんか、私よりモリモリ食べてましたからね(笑)
食欲があるのはとてもいい事なので、
このまま乗り切ってくれるんじゃないかな~と思っています。
昨年は悲しい事ばかりでしたが、今年こそはいい年にします、絶対に!

物語の方も、ちょこちょこ続きを作っている最中です。
それに以前より作る意欲が湧いてきてるんですよ!
以前は作ってても、どこかうわの空でしたからね…とほほ…

お気遣いのお言葉、嬉しいです!
どうもありがとうね(TT)
私もこうやってahiruchanetさんと今年もお話出来る事に感謝します。
今年だけじゃなく、ずっと付き合っていきたいと思っています!
コメント、本当にありがとうございました!!

お久しぶりです!

まことんさん!
お久しぶりです、応援団です(笑)
最近更新がないようですが、体調を悪くされたのではないかと心配になりコメントしました(*_*)
これから暑くなりますので、体には十分気をつけてくださいねp(^_^)q
あと!私も、とうとうPCのシムズ3をGETしました(笑)ノートPCであまりグラフィックに優れているわけではないので、まことんさんのようなシム達の世界ではないのですが、楽しんでいます(*^^*)
私にシムズの楽しさを教えてくれたまことんさんに感謝してます★
また、コメントさせて頂きますね!
では、お体に気をつけて( ; _ ; )/~~~

応援団さんへ

本当にお久しぶりです!!!
ずっと更新がないのに、わざわざコメントくれてありがとうございます!
そして体の気遣い、本当に本当にありがとうございます(TT)うっ優しいな~…

体調はまったく大丈夫です。元気過ぎるぐらい(^^;
たまに二日酔で死んでる時はありますが(笑)

更新が途絶えている理由はただサボってるだけなんですww
最近、アニメにハマったりしちゃって…(今更ながら進撃の巨人w)
この一話を見たらそろそろブログでも作ろうかな!
な~んてやってるうちに、
結局は一気見しちゃって、結局どんどん時間が過ぎてしまってましたw
でもシムズはちょこちょこやってるんですよ。
物語りも暇な時に、メモ帳などに書いていってます。
後は本当に、撮影だけと言う感じはなっていますが、
その肝心な撮影をさぼってる訳でして…すんません(TT)
でも進撃の巨人の興奮から覚めたら、そろそろ取り掛かろうと思っています♪
わざわざコメントをありがとうございます、嬉しかったです!

シムズは楽しんでますか?
あれは長い事 遊べるので、遊び甲斐があると思います。
私もまだまだやれてない事もいまだに沢山あるんですよ。
よそ様のブログを見て、え?そんな事が出来たの?
なんて時もあるんですよ(笑)
シムズ3をやってから4年にもなるのに、まだそんな状態です。
ですが…それなのに、
今年の秋にはシムズ4が発売されます。
早いよ…EAw

ま、シムズ4が出ても、私はしばらくはシムズ3の方を動かすと思います。
と言うか、物語を作るのは3でいいかな~と思っています。
まだまだやりたい事もいっぱいありますしね!

もうすぐ暑くなりますね。
今年の夏は冷夏だとニュースでやっていました。
あんまり暑いのは嫌ですが、それでも夏は暑い方が私は好きです。
でも今のところ、そんなに暑いって日があんまりないので、
やはり冷夏なのかな~。残念(TT)

暑くなったり涼しくなったりする日が多いかもしれませんので、
応援団さんも風邪などひかぬよう、気をつけて下さいね!
物語の方はもう少しで動きだします。
その時はまたよろしくお願いします!!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
カウンター